ホースレース・ロマネスク

2017 香港国際競争レース展望、及び簡易予想

 今年も大挙日本馬が出走し、海外GⅠ制覇の快挙が大いに期待される香港国際競争の時期がやってきましたね。  一先ず出走馬と枠順の確定が出ましたので、あまり直前まで考えても仕方ないですし、サクッと一通りのレースの展望と予想を書いてしまおうと思います。

 まず今年のシャティンの馬場ですが、週中の展望記事などでも触れられていたように、今年は例年以上に芝が生え揃い、時計も出る良いコンディションの模様です。  参考になるかは微妙なラインですが、12/3のシャティンの開催では、クラス2の1200m戦で1,07,72という凄まじい時計が出ていました。  香港の1200mのコースレコードは1,07,50で、近年ではこの香港スプリントクラスのレースでも7秒台に入ってくる事はまずないので、条件戦レベルで易々と7秒台、しかも上位4頭接戦の中でそれが出るというのは、相当に高速状態だろうとは感じ取れます。

 一応大まかな天気予報でも、香港は今日から日曜までずっと晴れ予報ですし、少なくとも馬場が悪化する事は考えにくいですね。  まあこういう時に、欧州馬陣営からの要請で水撒きをする可能性があるのは確かで、一概に高速馬場と決めつけ切るのは危険かもしれませんが、それはもう当日のレースが始まってみないとわからない部分ですので深く考えずに、香港なりの高速馬場をベースに考えていきたいところです。

13ページ中1ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/12/07 20:30

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック