ホースレース・ロマネスク

2017 フェブラリーS プレビュー

★はじめに

 今年もJRAのGⅠシリーズの開幕を告げるフェブラリーSがやってきました。  GⅠに昇格した頃は、こんな安直なレース名のままでGⅠにしていいのかっ、と思ったものですが、昇格より二十年余り、積み重ねた伝統と、それを彩ってきた時代ごとの名馬の重みが、今では非常に馴染む感覚に書き換えてくれています。  競馬観戦歴が長くとも、GⅠの第一回目から見続けているレース、というのはそんなに多くはないので、その意味でも思い入れはありますね。

 一応これから、GⅠレースくらいはこうして諸々雑感やらなにやらを綴っていく記事を発信したいとは思っています。

★レース傾向分析

 府中の1600m戦は当然ながら芝スタートになります。  また、常に外枠有利と言われるように、芝を走れる距離が長い外の馬が主導権を取りやすいコースレイアウトになっています。

 これは統計を取ったわけではなくあくまで印象論ですが、外枠の馬がレースを主導する場合、物理的にインコースの馬より完全に前に出切らなくてはいけない、という制約がある分だけ、ペースは上がりやすい傾向にあると思っています。  そういう諸々合わさって、このレースもやはり前半のペースは上がりやすく、基本的にはハイバランスで展開されることがほとんどです。

 過去10年の平均ですと、34,9(11,63)-24,4(12,2)-36,1(12,03)=1,35,4(11,92)という推移になっています。  テンをダッシュ良く飛び出した先行馬の争いで、3Fで35秒を切る高い追走力を問われる展開になり、その分だけ中緩みは顕著、後半も減速傾向ではありますが、それでも偏差はあれラスト400-200mの坂地点での再加速がほぼ確実に見られるのが特徴的になってくると思います。

8ページ中1ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/02/13 03:13

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック