ホースレース・ロマネスク

2017 阪急杯・中山記念

★阪急杯 展開予想・ポイント

 今年はやや寂しいメンバー構成となりました。  というより、ミッキーが引退しダンス骨折、アーサーも筋肉痛で回避でレッドはぶっつけと、今年の宮記念は有力馬の離脱、順調さを欠く混沌としたレースになりそうで、その中で近年相性のいいここから、堂々主役を名乗る馬が現れるか注目です。

 コースロケーション的には、内回りの1400mはゴール前200m地点までずっと少しずつ下っているため、基本的にはテンが速くスプリンター寄りの資質が問われることが多いです。とりわけ開幕週だと、逃げ先行がかなり優位になってきます。  今日の馬場を見ている限り、内回りはまだかなり重そうで、明日いきなり去年の当レースのように超高速、ということはなさそうで、メンバーレベルを踏まえても20秒後半から21秒に入ってくるか、34,2~4-11,7-34,8~9くらいの推移が妥当かな、と考えています。

 レース展開も予想が難しく、この距離で確実にテンが速い、と言える馬がそこまでいないので、スタート次第で思いも寄らない馬が、というパターンはありそうだな、とは感じます。  この枠なので順当ならブラヴィッシモがハナを切り、カオスは積極的にポケット狙い、シュウジにミッキーも先団に取りついて、テイエムあたりもそろそろ本来の先行策に戻してくるかもしれません。  ただ、自分からゴリゴリ行きたい、という馬は少ないので、中盤で軽く一息は入って直線入り口で再加速、というパターンが濃厚だと思いますし、それなりの追走力と一脚、そこから坂での持続力も均質に問われる形になると思います。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/02/25 16:40

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック