砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

2015大井 東京大賞典の予想

チャンピオンズCで馬券圏外に落ちた2頭をどう評価するか? 確かにハイペースにさせられたコパノリッキーとそれを負かしに行ったホッコータルマエには展開が向かなかった。 それは確かなんだけども、特にホッコータルマエは馬券にも絡めないほど厳しい展開だったのだろうか。 上位3頭は牝馬とほぼ最後方にいた馬。 それらを凌げなかったのには不満も残る。

今回もコパノリッキーが逃げてホッコータルマエが4角で並んで行くのは、ほぼ決まり。 ホッコータルマエの体調自体はJBCの頃より上がっているので、コパノリッキーを捕まえることはできるだろうが、ゴールまで脚を持たせられるか? 来年で7歳。 ダート馬は息が長いとはいえ、緩やかな衰えが始まる時期。

そんなホッコータルマエをゴール前で強襲できる可能性は2頭。 サウンドトゥルーとハッピースプリント。

前者は下級条件から勝ち上がり、GⅠでも通用する能力を身につけた。 チャンピオンズCも直線で内から外に出すのにロスがあり、あれがなければ差し切っていたはず。 地方なら4角でもう少し射程圏に位置できるはず。

後者は前走、相手に恵まれたとはいえ交流重賞を久々に勝利。 タルマエには歯が立たなかった戦績だけど、一皮剥けた印象だし良馬場でレースできるのも良い。

迷ったが、やはり現実にタルマエに連勝しているサウンドトゥルー。 ハッピースプリントと比較して、単純にこちらの方が能力が上だろう。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by dirttime
  • 2015/12/29 09:16

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック