砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

2016大井 帝王賞の予想

JRAも先週と昨日の南関重賞もすっ飛ばし中… なかなか予想も出来ない中で 今日は帝王賞! ダートを中心としたブログなら、やらなければ恥ずかしい。 そんな思いで一念発起してみました。 おそらく秋くらいまで更新頻度は落ちますが、ピンポイントで予想はさせて頂きます。

【大井11R帝王賞】

残念ながら地方勢が勝つことはないでしょう。 ハッピースプリントもいないんですね。

ということでJRA勢を一刀両断。

アスカノロマン この馬がここまで強くなるとは。 半年前までは全く想像つかず。 2016年上半期は重賞2勝。 前走は58キロ背負って0秒8差勝ち。 GⅠもすぐそこまで来てる。 大井コースやGⅠで人気馬に乗るという経験がほとんどない鞍上がどう導くか。

ノンコノユメ かしわ記念は前残りとは言え、馬券にも絡めないとは想定外。 小回り1600Mが単純に合わなかった… それだけなら、ここで巻き返し必須なんだけど。 気になるのは血統と成長力。 トワニニング産は2000Mを得意としている訳はないし、馬体重もデビューの頃から変わらない。 そもそも産駒自体に早熟なイメージが拭えない。

コパノリッキー 2000Mは5戦2勝。 大井も昨年のJBCを勝利。 ただ、勝った2戦は重~不良馬場で共に3番人気。 馬場に助けられ、且つ、ややマークが薄れていた感が強い。 今回も天気には恵まれそうなものの、後続からはしっかりと意識されるはず。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by dirttime
  • 2016/06/29 07:56

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック