砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

2016大井 東京大賞典の予想

おはようございます。 天気にも恵まれた大賞典デー! 今日は午後から現地観戦予定。 楽しみなのは競馬はもちろん 今開催行っているラーメン&餃子フェスも! 混みそうですけどね…

【大井11R東京大賞典】

残念ながら。 なのか、どうか。 地方勢にはノーチャンス。 地方の雄ハッピースプリントでさえ、浦和記念を勝って勢いある中で挑んだ昨年が1秒9差6着。 今年は昨年以上のものが感じられない。

JRA7頭にしても 能力足りないモズライジン 全盛期の追い込み脚がなくなったカゼノコ この2頭は厳しい。 今回の東京大賞典は5頭の争い。

コパノリッキー

この馬を1800M以上で狙いたいのは 人気落としてマークが緩んで、且つ馬場が軽くなった時。 大井2000Mは5戦して2勝2着2回の実績だけど、好走した4戦全てが重~不良馬場。 昨日も今日も晴天の東京。 今年は天は味方しなかった… 普通ならここで話も終わりだけど、今回は鞍上戸崎騎手。 乗り方を知ってる古巣。 ここはストロングポイント。 あとは同型不在の展開も後押しか。

ノンコノユメ

このブログで再三書いているけど この馬はマイラー。 短い距離で脚を矯めて、終いの爆発力に賭ける… そういったレースがベスト。 トワイニング産を2000Mで本命にはできない。 当然、ベスト舞台はフェブラリーS。 ただ、今回のメンバーなら2~3着までならあり得る。 そういう意味ではコパノリッキーと同じ位置付け。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by dirttime
  • 2016/12/29 07:22

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック