砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~

1/13のレース予想

相手なりと言えば昇級ヒカリブランデーも同様。 中山1200Mは11戦連続で掲示板確保。 その内、馬券対象になったのは5回。 アールプロセスと同じような成績。 こちらを2番手としたのは、やはりオープン初戦だから。 森騎手がどう乗るかは楽しみ。

ドラゴンゲートが最内が仇となるか徹底的な逃げを打つか。 自分の形を作れれば、カペラSくらい走って上位争いになる。

◎アールプロセス ○ヒカリブランデー ▲ドラゴンゲート

中山8R ◎シャインヴィットゥ

4走前、2走前の500万戦で僅差敗れた勝ち馬はすぐに1000万も通過して現1600万。 やっと強敵が抜けた前走は、一旦迫られた2着馬を突き放す完勝。 時計も十分にクラス越えのそれ。 何よりここは、1200Mにしてはスピードタイプが少ない組み合わせ。 1戦突破が可能。

京都12R ◎スマートダンディ

前走は初の遠征となりマイナス10キロとデビュー以来の最少体重。 前残りの展開を突き抜けられなかったのは、そこら辺りが影響したのかもしれない。 今回はやや間隔をあけたことと輸送のないレースでプラス体重が見込める。 未だ4着以下のない安定感と徐々に時計の短縮もしている成長力を買う。

中京12R伊良湖特別 ◎ダンツユウゴウ

重馬場の2走前は二桁着順だったが、メンバー2位の上がりは使えており展開や馬場が合わなかった。 前走は大きく出遅れながら、最速上がりでクラシコに先着の2着。 元々500万を勝った際も今日の京都12R本命のスマートダンディーをゴール前で差し切っており、この馬も1000万で走る下地はある。 前走はフロックではないという評価。

2ページ中2ページ目を表示

  • posted by dirttime
  • 2018/01/13 06:10

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック