頑張れ!ジャイアンツ 2017

派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった

 プロ野球ファン注目のドラフト会議が終了しましたね。

ジャイアンツは、2年連続、菅野投手を1位で指名、単独入札に成功し

ました。ドラフト会議終了後、原監督自ら東海大を訪ね、名前と背番号

19が入ったユニフォームを持参するという手回しの良さ。原監督も

監督としての顔と、伯父としての顔が混じりながら、菅野投手ともども

晴れやか表情をしていました。ファンのひとりとしてとてもうれしい気持

ちです。

 ここまでは、菅野投手の話題でしたが、ドラフト会議のジャイアンツ

指名選手について個人的な感想を書いてみたいと思います。

 1位の菅野投手ですが、澤村投手、宮國投手、小山投手に続き、

将来の右の先発の柱となる選手を獲得するというのが目的。これらの

投手が期待どおり成長していけば、この先10年ぐらいはジャイアンツ

右の先発投手は安泰でしょう。昨年のドラフトでは、松本、今村という

将来の先発左腕投手を獲得していますしね。

 2位に大累選手(道都大)を指名したことについては、多くのファンも

驚いたのではないでしょか。私も、ドラフト会議直前のスポーツ紙の

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by ekimaegogo
  • 2012/10/26 12:44

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

Re:ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった

バランス良くとったなー、という印象ですね。後釜を確保しなきゃいけないのが高橋、阿部ですから。しかも、即戦力でないとダメかというと、それほどでもない。来年の様子を見て補強でも十分間に合いそうですし。詳しくないですが、来年の候補とかも考えながら指名していると思いますしね。

posted by mk082063
コメント投稿者ID:mk082063
2012/10/26 23:25
コメント支持(0)

派手さはないが、ジャイアンツの指名意図を感じるドラフトだった

お邪魔いたします。

やはり捕手の補強がなかったのは来年の、大阪桐蔭の森くん狙いでしょうか。
松井くんも気になるところですが、左投手は素材タイプで十分ですし、島袋くんが復活するかもしれないし。

今の段階では、森くんが来年のドラ一かな。

posted by 普通のGファン
コメント投稿者ID:OOH00019677
2012/10/27 09:33
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック