頑張れ!ジャイアンツ 2017

ジャイアンツ新人テスト、過去2年の結果と実際の指名

 ジャイアンツの新人テストが、21日、ジャイアンツ球場で

行われた。今年は73人(投手33人、捕手2人、内野手18人、

外野手20人)が受験した。例年、受験者の内、2次テストの

実技試験を通過できるのは、多くても1/10程度。

 今回の新人テストで注目を集めたのは、2次テストの通過者

6人の中に、川相ヘッドコーチの次男、川相拓也選手が

含まれているとの報道があったからだ。報道によると、

川相拓也選手は、桜美林大学を昨年3月に卒業、その後は

母校のコーチを今春まで務めていたようだ。

プロフィールによると、174cm・72キロ フットワークの良い

守備が持ち味でポジションはセカンド、ショート。

 名前の拓也は、ジャイアンツで選手として活躍、2010年に

くも膜下出血でなくなった故木村 拓也コーチと同じで、

右投げ両打ちというところも共通している。

今年の新人テストで2次テストを通過した6人は、

10月23日のドラフト会議・育成ドラフト会議で選択されれば

入団が決まる。

 しかし、2次テストを通過しても全員が指名されることはない。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by ekimaegogo
  • 2014/09/23 13:57

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック