今日も神宮行きたいよ

なんだなんだ、どうしたんだ?

他の方のブログを見ても「(いい意味で)裏切られた」という感想をよく見かけますが、この3試合、私も裏切られまくりです。 ジャイアンツとの初戦、対菅野投手で負けた時は、 「なーんだ、なんとも予定調和だなー、悲しいかなそれを打ち破る力は今のウチには無いか。明日は由規か。荷が重いよな。ゲームを壊さず5回3失点くらいで行ってくれればなー」と、とても弱気、ネガティブな気持ちになっていました。 それがそれが由規投手の見事なピッチング。そこから石川投手、原投手、そしてリリーフ陣、投手陣全体を覆う攻めの姿勢。 頑張っていた投手陣ですが、このところQSの回数も減ってきて一巡感が出たところに、由規効果か何なのか一気にムードがよくなりました。 打線はそんなに点を取れている訳ではないですが、投打のかみ合わせ、先制、追加点と非常に効果的な試合運びができています。

打線はあまり変わっていません。 いや、打線もがんばってますよ。早めに先制もできてる。2死からのチャンスでしっかり得点できている。ゲームの急所で追加点挙げられている。 でもやっぱりもう一歩、欲を言えば、先制した後、もう少し早めに追加点が欲しい。たたみかけて欲しい。 由規投手が登板したジャイアンツとの2戦目、今日の阪神戦についていえば3回くらいまででゲームを決めちゃえるような相手投手の状態。それが中盤まで接戦にしてしまっているとも感じるわけで。 先頭打者が出塁するケースが少ない。出ても連打でチャンスを拡大できない。最悪は併殺打になる(今年は試合数=併殺打=40多すぎるでしょう)。この3試合、無死2塁、1死3塁以上のチャンスを作れたのは1回だけ(石川投手の内野ゴロ、中村選手のナイスランでものにできました)。 先頭打者の出塁なんかは選手個々の頑張りにかけるしかないのかもしれませんが、作戦面で補えるところは補って、また個々の選手がバラバラに戦うのではなくチームとして狙い球を絞ったり打線として相手投手を攻略するというところをしっかりやってほしいと思います。 ただ勝ちに勝る妙薬は無し。この連勝の流れに打線も乗っかって調子を上げていってくれればと思います。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by enjyaku
  • 2017/05/20 01:31

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック