すべてはファジのため

ファジアーノ2016展望 (3)ライバル分析編

ここまで、ファジアーノ岡山の今シーズンに関する展望について、補強動向やシステム・戦術などを見てきましたが、当然ライバルチームの動向も気になるところです。そこで、今シーズンのJ2全体の展望と、各チームの補強動向や、試合数は限られていますが、プレシーズンマッチなどでの動きも踏まえて、ライバルの動きを見ていきたいと思います。

<総論>例年に比べると各チームに昇格のチャンスあり

岩政も何度かインタビューなどで触れていますが、今シーズンのJ2は比較的ビッグクラブが少ない年になっていると思います。もちろん、清水やC大阪といった、J1でタイトルを争ってきたクラブもいたり、あるいは、松本や山形といった降格組もいるわけですが、さらに遡れば、柏・F東京・G大阪といった、昇格後すぐにJ1でも上位争いをするクラブがいた年も多く、近年で見れば、比較的予算規模の小さなクラブにもチャンスがあるのではないでしょうか。今シーズン、J1経験のあるクラブは10チーム、さらに、ここ3年でJ1にいたことのあるクラブに限れば、5チームしかありません。また、J1経験があると言っても、松本や徳島は1シーズンだけですし、メガクラブという部類ではないと思います。

もちろん、これは岡山にとってチャンスがあるということを意味しているのではなく、同じく初昇格を狙うクラブ、あるいは、久々のJ1返り咲きを狙うクラブも、今年こそを目の色を変えてくるでしょうし、それだけ混戦になる可能性もあると言えます。

8ページ中1ページ目を表示

  • posted by fagiano12
  • 2016/02/14 22:49

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック