すべてはファジのため

【未来は自分たちの手で切り拓く】清水エスパルス-ファジアーノ岡山(J2第41節 2016/11/12@アイスタ)

【後半猛追もあと一歩及ばず】

勝ち無しが続き、順位も後退。プレーオフ進出すら怪しくなってきた苦境、その中で、目下J2最強と言って過言ではない、清水との対戦となりました。個人的には前日まで行こうか行くまいか悩みましたが、その行きつく先が天国であれ地獄であれ、悔いなくやり切ろうと、日本平を訪れました。

スタメンは、

GK中林 DF篠原・岩政・片山 MF澤口・関戸・矢島・三村 FW押谷・赤嶺・伊藤

待望の二人が帰ってきました。澤口は久々のスタメンで右ウイングバックに、また、加地もベンチ入りしています。

試合の方は予想通り清水がペースを握ります。サイドからの攻撃に、時に中央突破も織り交ぜながらという形。ポゼッションしながらというよりは、岡山のビルドアップでのミスや、縦パスをカットしたところからの攻撃に鋭さがありました。立ち上がりからピンチを招き、なんとか耐えてはいましたが、16分、ワイドな展開から、清水右サイドバック三浦のクロスを大外でチョンテセが折り返すと、センターにいた岩政が対応しきれずオウンゴールになってしまいます。完全に大外をフリーにしてしまい、不運ではあったものの完全に崩されていました。

7ページ中1ページ目を表示

  • posted by fagiano12
  • 2016/11/13 00:44

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック