MLB 戦いの原理を求めて

ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする

トミー・ジョン手術のリハビリ期間中におけるダルビッシュの特に上半身につけられた筋肉の発達には目を見張るものがあるが、果たして、肉体改造の試みは吉と出るのかそれとも凶と出るのかセイバーメトリクスによって分析を試みたい。

まずは誰でも映像を見ればすぐにわかるように、ファーストボールの球速がアップしたことはpitch F/Xでも明らかになっている。奪三振王を獲得した2013年が平均球速92.8マイルだったのに対して、2017年では94.0マイルへと上がっている。

ところが球速は上がったが奪三振力は低下し2013年のK/9 11.89から2017年では大きく数字を落としており、K/9 8.39とキャリアでも最悪のレベルになってしまっている。更には制球が乱れに乱れたデビューした2012年であってもBBは4.19であり、ダルビッシュは2017年の中堅からベテランの域に達しつつありながらBB/9 4.38へと低下している。

さて、ここで興味深いデータを提示したい。

スライダーのOswing率である。

2012 46.3% 2013 41.3% 2014 45.0% 2016 45.3% 2017 28.6%

スライダーのボールへ外れる球を振らせる割合が、2017年で急降下していることがわかる。それだけスライダーの変化率が落ちたために、バッターから見切られていることがデータからはっきりわかる結果となっている。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by field_of_dreams
  • 2017/04/22 00:06

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(7)

「ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする」へのコメント

コメント失礼致します。

K/BBとO-swing、Contactだけでセイバーというのはどうなんでしょう。
私としては2017のGB/FBが近年では一番高く、CT%の増加からダルビッシュ自身は打たせて取る方向に行きたいのでは?と感じました。
まあBB%はどうにかしないといけないと思いますし空振りが一番有効だというのもわかりますが、P/IPもダルビッシュの課題ではありましたし。
一応現状のBB%でもP/IPは改善してます。

posted by sencho
コメント投稿者ID:sencho
2017/04/22 01:28
コメント支持(21)

「ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする」へのコメント

コメント失礼致します。

K/BBとO-swing、Contactだけでセイバーというのはどうなんでしょう。
私としては2017のGB/FBが近年では一番高く、CT%の増加からダルビッシュ自身は打たせて取る方向に行きたいのでは?と感じました。
まあBB%はどうにかしないといけないと思いますし空振りが一番有効だというのもわかりますが、P/IPもダルビッシュの課題ではありましたし。
一応現状のBB%でもP/IPは改善してます。

posted by sencho
コメント投稿者ID:sencho
2017/04/22 08:25
コメント支持(0)

ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする

誰の目にも明らかにダルビッショの今季スタートは不調だけど、まだ4試合、この手の分析をするには分母が少なすぎでしょ。

復帰後の分析をするならまず、過去最高のK/BBを記録した2016シーズンのデータから洗い出すべきじゃないですか?

posted by redsox1977
コメント投稿者ID:TCE00077340
2017/04/22 11:08
コメント支持(9)

「ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする」へのコメント

ピッチングスタイルの変化でしょう。最近流行りの、小さく鋭く曲がるスラッターに変えただけで、実際本人もエンゼルス戦では曲がりすぎたと言ってましたし。あまり煽動的なタイトルは辞めて頂きませんか。

posted by あ
コメント投稿者ID:TCE00073453
2017/04/22 13:00
コメント支持(10)

「ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする」へのコメント

コメント失礼致します。

K/BBとO-swing、Contactだけでセイバーというのはどうなんでしょう。
私としては2017のGB/FBが近年では一番高く、CT%の増加からダルビッシュ自身は打たせて取る方向に行きたいのでは?と感じました。
まあBB%はどうにかしないといけないと思いますし空振りが一番有効だというのもわかりますが、P/IPもダルビッシュの課題ではありましたし。
一応現状のBB%でもP/IPは改善してます。

posted by sencho
コメント投稿者ID:sencho
2017/04/22 15:56
コメント支持(1)

ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする

2016年の詳細な数字も加味して「肉体改造後」を論じるなら分かるのですが。
自分に都合の良いデータだけ抽出してますよね。
いつもの事ですが。

全く関係ありませんが、あれほど「大谷栗山すげー」って言ってたのに、
彼らが良くないときは、スルーなんですね。

posted by ord0325
コメント投稿者ID:ord0325
2017/04/22 22:07
コメント支持(13)

ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする

155km超の速球はむしろ、バットに当たりやすい。大谷の160km台の速球が結構バットに当たるのは、切れが悪いのではなく、あまりに速いため、投球が浮き上がっているヒマがないまま、バッターの手元まで届いてしまうためである。上原の140km台そこそこの速球は、160km近いバーランダーの速球より回転数も少ないが、それでも打者が空振りするのは、球速がない分バッテリー間の通過時間が長いため、打者まで届くまでの回転数は、むしろ多い可能性がある。これはスラーダーでも同様。超速球の投げ過ぎは、むしろ選手寿命を縮めやすく、95mph超の速球が投げられるのであれば、それ以上の球速アップより、ムーブさせるようにする方がよい。

posted by 花形 満
コメント投稿者ID:TCE00077518
2017/05/10 19:09
コメント支持(3)

よく読まれている記事
トラックバック