YGマークを追いかけて・・・

ジャイアンツ 見返そうぜ・・・村田!

気温の上昇とともに高校野球の季節が始まった。

「負けたら終わり」

青春の全てを懸けて戦ってきた球児達の「夏」は、その事実があるから「ドラマ」を呼ぶ。 一本のヒットが、一つのエラーが人生を変える事だってきっとある。

でも、プロ野球は違う。 「明日」があるスポーツだ。

どちらが尊い・・・と言う比較論をするつもりはない。 純粋に「刹那的」な魅力と「積み上げ」の魅力・・・そういった意味で全く「別」の魅力を持っている。

もちろん、ここでするのは「プロ野球」の話。 「明日」のある世界の話だ。

「明日がある」なんて話をすると、何となく「甘さ」を感じるかも知れない。

でも、それは違う。 どんな屈辱に塗れても「明日」は衆人環境の前に姿を現さなければならないし、どんな罵声を浴びても「平常心」でグラウンドに立たなければならない。

逃げる事を許されない世界・・・とも言える。

もちろん、その「場」にすら立てない多くの選手から見れば「羨望」の対象であるけれど、出続ける立場の選手達は選手達で、毎日背負っている「重圧」は一般人が理解できるものではないだろう。

村田修一。

或いは今のジャイアンツでもっとも「罵声」を浴びる存在かも知れない。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by Gファン歴27年
  • 2015/07/17 01:15

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

ジャイアンツ 見返そうぜ・・・村田!

村田選手の「繊細さ」、、、困ったものです。
普通の選手なら、打率と得点圏打率に大きな乖離は無いはずで「犠飛」が打数から除外される分、寧ろ上がるはず、、、ですが、ま、(バッテリーの)攻め方も変わりますし、一概には言えない部分もありますが、流石に打率より1割以上低いのは、、、確かロペス選手も低かったっけ?
得点圏では「壊滅的な」イメージのある大田選手でも、2割は優に超えていますから、村田選手の1割台前半は、やはり特異ではあります。
「メンタルトレーナーを雇うべき」との意見もありましたが、この際「洗脳」レベルで意識改革しないと、浮上出来ない気がしています。
中井選手は、、、多分、テストに合格しなかったと思いますから、村田選手にはまだまだ頑張って貰わないと、、、ねぇ。

posted by 源五郎
コメント投稿者ID:yudamisu
2015/07/17 02:10
コメント支持(0)

ジャイアンツ 見返そうぜ・・・村田!

源五郎さん

コメントありがとうございます。

確かに得点圏打率の低さは問題だと思います。
元々ベイスターズ時代から「チャンスでの打撃」がテーマの選手ではありましたから、今年に関してはそのウィークポイントがより濃く出てしまっていますよね。

確かに「洗脳」レベルでの意識改革は必要かと思いますが、それを「外的」に行うのではなく、村田選手自身が「自分の凄さ」や「自分の怖さ」をもっと理解して、良い意味で自己暗示をかけて打席に立つくらいの意識でいいのかな・・・と思います。

まだまだ若手とは「差」があると思います。
その事実を嘆くよりも、今は村田選手に頑張ってもらわなければ4連覇など夢のまた夢。
仮に若手が伸びてきても簡単には譲らないような気概を持ってやってもらいたいです。

彼がやるしかないのですから・・・ね。

posted by 管理人です。
コメント投稿者ID:gloves
2015/07/17 10:19
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック