阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

古木克明が現役復帰へ

元横浜・オリックスの古木克明が、北米独立リーグで現役復帰した。 今年、新たに発足したパシフィックアソシエーションのハワイ・スターズの外野手として登録された。 古木は、1999年愛知県の豊田大谷高校からドラフト1位で横浜ベイスターズに入団。1年目から一軍デビューを飾り、2003年にはサードのレギュラーポジションを奪い、本塁打も22本を記録した。   しかし、その後安定した成績を残せず、2008年、オリックスへトレード、翌年引退し、その後、総合格闘技に転向、2011年オフのNPBトライアウトに挑戦し、野球への復帰を目指した。しかし、これはかなうところとならず、野球塾の講師をしながら、トレーニングを続け、今回の現役復帰となった。 ハワイへはBCリーグの交流戦遠征とともに帯同、ハワイの指導者の前でのトライアウトで、首脳陣の目に留まり、入団となった。 BCリーグは、今年になって、木田、森(ともに石川)、大家(富山)、そして大塚(信濃)と大物選手に球界復帰の場を与えている。今回の古木の復帰もこの動きの延長戦にあるのだろう。 古木はまだ、32歳、今回の復帰をきっかけにNPBへの復帰だけでなく、MLBでのプレーも夢ではなく実現してほしい。それでこそ、独立リーグの存在意義が見直されるだろう。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by gr009041
  • 2013/06/09 01:07

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

Re:古木克明が現役復帰へ

いわゆる松坂世代のひとりですね。
松坂はじめ、同世代の和田、久保田、藤川選手ともども復活してほしい選手の一人です

posted by evablack
コメント投稿者ID:evablack
2013/06/10 01:13
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック