阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

矢野耀大が語る捕手論1 ―「女房」型と「かかあ天下」型―

 阪神タイガース球団史上ベスト捕手と言っていい矢野耀大。現在代表チーム、サムライジャパンのバッテリーコーチも務める彼が捕手の育成について語ってくれた。

矢野は言う。捕手には「かかあ天下」タイプと「女房役」タイプがあると。矢野はむろん、典型的な「女房役」だ。そのタイプ分けは、すでにアマチュア時代にほぼ決まっていると言う。 「入ってから変わる奴も、もちろんいますけど。プロ入るまでに大体決まってますね。だから、僕がもし育てるとしても、その人の持ってるものなんで、タイプを押し付けることはしませんね。僕はこうしてやってきたけど、もちろん、(タイプの違う)城島や谷繁も超一流なんで。できれば人を見てやりたいですね。僕とは違う、『かかあ天下』から見えてきたものもあると思いますし。そこは選手を信じますよ。だから自分のカラーに引き込むということはないですよ」

捕手を育てるのに、チームカラーは関係ない、とも言う。つまり、正捕手が「かかあ天下」の場合、第2捕手は、「女房」に育てようということはしないということだ。 「まあ、ベンチに(いろんなタイプを)揃えるというのはあるかもしれませんね。チームとしてはいろんなタイプがあればいいこともあるでしょうし、でも、それは揃えるというだけで、本人の適性を考えずにどっちかのタイプにもっていくということはないです」

 矢野がいう「女房役」とは、単に投手の球を受け、サインを出すという役目ではない。ピッチャーの制球が乱れれば、どうやれば構えたところにボールが来るのかを考え、ベースが汚れていれば、手で拭いて見やすくしたり、声かけをしたりして、できるだけ投手が気持ちよくボールを投げれるように心配りをすることも仕事に含まれているのだ、彼は考える。  この秋、サムライジャパンのコーチとして見たメジャーの野球からは、そういう捕手像は見えにくかった。これについて、矢野に話を向けたところ、意外な答えが返ってきた。 「そうですね。向こうではキャッチャーはそこまでしてないでしょうね、向こうの野球は基本的に、お前が俺のボール受けとけっていう野球ですよ。だから、完全に旦那さん(投手)が強いじゃないですか。でもね、今回、そこまでは感じなかったですけど、メジャーでも評価されているキャッチャーは、(気配りを)してる思いますよ、ただ単にホームラン打つとか、率を残すだけじゃなくて、内面的なこともやってると思いますよ。だから、このキャッチャー俺のこと考えてくれてるんやとか、よくわかってるとか、ピッチャーも感じるんじゃないですかね。実際、こっちにくる外国人ピッチャーも、やっぱり、『俺のことわかってる』ていうヤツに受けてもらいたがりますから」

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by gr009041
  • 2015/02/26 06:58

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(3)

矢野耀大が語る捕手論1 ―「女房」型と「かかあ天下」型―

>タイプの違う城島や谷繁
矢野の女房型とかかあ天下の線引きに疑問を感じます。
先日もコメントさせてもらいましたが
投手が投げやすくする為に投手の些細な変化にも気づく、サインが見えやすいようにする、ホームの汚れを取る、ボールの汚れに気を遣う、声をかける、ミットを早く構えるか遅く構えるか投手の好みに合わせる、ブルペンで球が走ってないと聞けば座る位置をホームに近くしたり遠くしたりして球威を感じさせる、返球のリズムを合わせる他
これは05年の某野球専門誌で城島が語っていたことです。
城島だけでなく谷繁は勿論何年も正捕手を担ってきた捕手なら当然のことでしょう。
矢野はこんな事で線引きしてるんでしょうか?う~ん・・

MLBで日本式気配りは善しとされるとは限りません
ミットのパーンと音をさせるのも嫌がられますしボールの汚れを落として返球すると汚れを吹いている時間でリズムが狂うからやめて欲しいとか。
試合中声をかけられるのを嫌うMLB投手も結構いますしね。
野球とベースボールは別のものだと感じさえられます。
そんな中、城島はよく健闘してたと思いますよ。

posted by toyopiko
コメント投稿者ID:toyopiko
2015/03/02 03:49
コメント支持(1)

矢野耀大が語る捕手論1 ―「女房」型と「かかあ天下」型―

確かにこのあたりは、城島さんのお話も聞いてみたいですね。ただ、そういう気配りを城島さんはやっていなかったとは、矢野さんは言ってませんでした。念のため。

posted by gr009041
コメント投稿者ID:gr009041
2015/03/02 22:26
コメント支持(1)

矢野耀大が語る捕手論1 ―「女房」型と「かかあ天下」型―

>城島さんがやってなかったとは言ってない
実際やってますからそりゃ言わないでしょうね。言ったら矢野がおかしい
私のようなど素人が試合観ててもホームの汚れを落としてボールの汚れを取るor新しいボールを要求する
もっと腕を振れって促したりピンチの時にマウンドに行き
声を掛ける様子くらいわかりますから
正捕手として当たり前の事を「女房役」とは~と語ってる矢野さん
矢野の言う「かかあ天下」捕手とは?それが俺のリード通りに投げろって括りなら矢野も「かかあ天下」でしょ
なんせコーチの話では首を振られるのを極力嫌ったそうですし打たれた投手を睨み付けてるのを幾度か見た事ありますし。
>そのあたりは城島さんにも話を聞いてみたい
ぜひ聞いてみてほしいですね。
今は野球と一線を引いているので野球関連のインタビューは受けない可能性が高いですが
正直言って矢野さんより経験実績豊富(NPB、五輪WBC、MLBで正捕手)です
もっとグローバルで色んな話が聞けると思いますけど

posted by toyopiko
コメント投稿者ID:TCE00071359
2016/04/02 04:37
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック