阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-

矢野といえば、その晩年、メジャー帰りの城島健司にポジションを奪われ、引退を迎えた。日本では「打てる捕手」として、その名を轟かしたその城島さえ、メジャーでは決して成功を収めたとは言えない。 その矢野の晩年のライバルは、捕手として、矢野とは対極にある。ドラフト1位での鳴り物入りでのダイエー入団に、その後の英才教育、そしてその後守りの要ながら、バットでもチームを引っ張った城島は、典型的な「かかあ天下」型捕手だ。そのことは、日本野球史上最高の捕手にして知将でもあった野村克也に対するアプローチにも顕著に現れている。矢野が、「出会わなかったら今の自分はなかった」と最高級の敬意を示すのに対し、城島は、第2回WBCでの野村の苦言に噛みついている。 その城島だが、メジャーでは投手陣の信頼感を得るのにかなり苦労している。先発投手の一部からはそのリードを酷評された。 矢野によれば、やはりそれはコミュニケーション不足から来ているのだという。「かああ天下」型の彼もまた、「女房」的要素を海の向こうで求められたのだ。それを踏まえたうえで、「日本一の捕手」がメジャーで大成できなかった原因について矢野はこう語る。 「やっぱりコミュニケーションの壁はあったでしょうね、少なからず。でも根本は、そこを説明できるネイティブくらいの英語力が一番の問題やなかったですか。日常会話できるくらいでは、向こうでキャッチャーできないと思いますよ。ピッチャー側から見ても、自分の言うことはわかってるなって思ってしゃべるのと、細かいところはわかってないやろなと思ってしゃべるのでは違うでしょう。それではやっぱり信頼を築くことはできないんじゃないですかね。城島だって、通訳介してしまうと、日本では伝えられたことが、向こうではそこまでわからないじゃないですか。 だから、これからもし誰かがメジャーリーグでキャッチャーする場合、そこが一番大事になってくるんじゃないですかね。まず、城島みたいに打って投げて、いう技術的な部分で不安がほぼない。これが最低条件、プラス、ネイティブくらいの英語力。これがないとキャッチャーは無理だと思います。ピッチャーや野手とは全然違うんで。だから城島以外に、メジャーでキャッチャーなんかできないのとちゃいますかね」  矢野自身、外国人ピッチャーとのコミュニケーションには細心の注意を払った。メッセンジャー、ジェフ(ウィリアムス)らに対しては、彼らが投げやすいように気を使ったという。 「分かりあおうとはしますけど、でも、難しい話は、やっぱり通訳入れますね」  「女房役」の矢野だからこそ、自分を駆逐したライバルがアメリカで味わった苦労を人一倍わかっている。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by gr009041
  • 2015/02/28 06:31

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

矢野耀大が語る捕手論2ー城島健司がメジャーで大成できなかった原因-

城島はかかあ天下と思われがちですが
NPBで組んだ投手の殆どが些細な事にも気づく細やかな気配りのできる捕手だと言っています
投手の良い所を引き出すリードで投げたい球を多く投げさせます。
投手も配球を考えるようにどんどん首を振れと促したりと
これは阪神バッテリーコーチの話ですが寧ろ矢野の方が首を振られるのを嫌ったそうです。
野村さんと矢野の関係はチームの監督と選手の間柄でしたが
城島はホークスの先輩後輩ではありますが直接の関わりは無いです
ホークス時代の若い頃から勝っても負けても何かにつけて批判し続けて
日本代表として必死で戦って普通の神経じゃない時にやられたのではたまりませんでしょうね。
MLBでの事は単純に英語力の問題じゃ無さそうな・・マリナーズは特に闇が深い
相性の良かった投手は城島はスケープゴートにあったってコメントしていましたし。
この記事を読んだ感想は上原の言う通りMLBでやってもいない人に何が分かるのか?です。

posted by toyopiko
コメント投稿者ID:toyopiko
2015/03/01 05:45
コメント支持(13)

よく読まれている記事
トラックバック