阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-4-

yamada

――それで2戦目が韓国戦で、ボロ勝ちしたんですね。

「そうそう。まさかですよね。だけど結局、その次やったとき、いい試合したんだけど、完封負けしてしまうんですよね。イ・デホかなんかに打たれて0対1ですね(実際はキム・テギュン)。確かレフト線ですね。岩隈(現マリナーズ)もいいピッチングしてたんですけどね」

――ちなみに相手チームの研究なんかはされてるんですか?

「そりゃもう、すごい資料ですから。日本は世界のどこよりも集めてますよ。アジアのチームだけじゃないですからね]

――では、各バッターにどうやって攻めるかっていうのは、もうだいたいわかっていたんでしょうか?

「あのね、ミーティングの仕方っていうのはね、そのコーチとかスコアラーの伝え方によって、選手の感じ方が全く違ってくるんですよ。私は、コーチの仕事で大事なことっていうのは、相手の分析力だと思っていますから。ひとつは。どうやって選手を分析するかっていう、そしてまた、それをどうやって伝えるかっていう、それがコーチの大事な仕事だと思っていますから。だからあの時、DVDをね、渡されてね。全選手ですよ。それを自分の部屋にある2台のテレビで見るんです。もう練習と食事以外はずっと見てました」

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by gr009041
  • 2017/03/21 00:20

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック