阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-8-

「いやもちろん。僕がダルビッシュがすごい男だと思ったのは、これから伸びていくなって思ったのは、9回裏、同点にされた次を抑えたところ。よく抑えましたよ、あれ。あそこねえ、みんな何とも思ってないかもしれないけど、あと1球で勝てるってところで同点にされて、(続く)サヨナラの場面を抑えきるっていうのは、簡単じゃないんですよ。ピッチャーやってる人間だったら、(わかるんです。)たいがいやられますから。相手はガーってきてるし、みんな飲み込まれてますから」

――プレミア12なんかそうでしたよね。

「あんな感じになるんですよ。あれだってちょっと(ピッチャーを)代えたことによってですよ、増井がああなってしまう、ついには、則本もダメ」

――じゃあ、あそこで(ダルビッシュから)誰に代えるとかはなかったんですね?藤川投手に代えるつもりもなかった?

「ない。ダルでやられたらもう終わりって感じで。だからあそこのダルビッシュはホントすごいと思うね。まあ、イチローがよく打ってくれたよ。次またよう抑えたな。あの9回、10回は、ホント、もう今考えてもドキドキするね。あの優勝したときはもう、うれしいなんてもんじゃなかったね。うれしいを通り越して…。うれしかったのはシャンパン・ファイトの時だけだったね」

――と言いますと?

「もう優勝セレモニーの時なんかは、力抜けちゃってね」

3ページ中3ページ目を表示

  • posted by gr009041
  • 2017/04/21 02:01

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック