阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

イタリア野球リーグ再編??

この夏のヨーロッパ野球取材では、イタリア野球連盟のマルコ・ランディ氏にインタビューをすることができた。そこで耳にしたのは、せっかくできたプロリーグ、イタリアン・ベースボール・リーグ(IBL)の「解体」だった。このリーグは、2010年に従来オープンリーグ(サッカーと同じく上位リーグと下位リーグの入れ替えのあるリーグ)の「セリエ」を再編し、アマチュア(と言っても、有給の選手はいてもよい)リーグはそのまま残し、トップリーグ、「セリエA」のトップチーム8球団で「プロ球団」として入れ替えのないクローズドリーグを発足させたものである。しかし、これをイタリア野球連盟(FIBS)は廃するのだという。それについて、FIBSの広報担当・マルコランディ氏とのやり取りを掲載する。

maruko (マルコ・ランディ氏)

――IBLを解体って、どういうことですか。

「実は、現在のプロリーグ、IBLのコンセプトじたいは2005年に立ち上がりました。そして、2007年シーズンからは、トップリーグを下部リーグと切り離し、クローズドリーグ(下位リーグとの入れ替えのないリーグ)にして、名称もイタリアン・ベースボール・リーグに改めました。しかし、その試みはうまくいきませんでした。来シーズンからはリーグの名称も変わると思います。これからは、下部リーグとの昇降格のある昔の形に戻すつもりです、トップリーグに属するチーム数も10から12チームに、現在よりも増やすつもりです」

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by gr009041
  • 2017/11/12 19:34

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック