阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

オーストラリアン・ベースボール・リーグ、球団数拡大へ

 メディアリリースによると、オーストラリアのウィンターリーグ、オーストラリアン・ベースボール・リーグ(ABL)は、13日、リーグ拡大策を発表した。現在、ブリスベン、シドニー、キャンベラ、アデレード、メルボルン、パースに本拠を置く、6球団からなるこのリーグだが、来季、2018-19年シーズンより既存の6球団に加えて2球団を設立、8球団制へ移行するという。現在のリーグの前にあった初代ABLは最大8球団制だったが、これに戻そうという動きだ。  MLBの75%の出資により発足したABLも今季で8年目、昨年、MLBの資本が撤退し、オーストラリア野球連盟単独の運営となったが、2020年、東京五輪での野球復活を受けて、国内の野球をさらに発展させようとこの積極策に出た模様だ。  新球団は、現在フランチャイズのないオーストラリアの地方都市だけでなく、広くアジア太平洋地区に置くことを想定、同時にスポンサー、テレビ放送などもアジアに求めようと考えている。昨年、私はインドネシアのジャカルタ空港でABLの試合中継を目にしたが、これもアジアでのスポンサー獲得策の一環だったかもしれない。

 ABLはこれまで20か国から述べ840人をロースターに登録、この中には53人のメジャーリーガーがいるほか、NPB(日本) 、KBO(韓国)、CPBL(台湾)など東アジアのプロリーグから56人の選手の名もあった。リーグはこれら東アジアのリーグのほか、MLBなど世界の主要プロリーグとの双方向の提携は維持する方向で、さらには、日本の社会人の野球連盟、JABAとの提携する方針だ。  リーグの新CEO、カム・ベイルはこう言う。 「野球は、東アジア3か国ではナンバーワンスポーツだ。これらの国々では我々がシーズンを送る11月から2月までは野球がない。選手の育成には、この時期は大きなチャンスだろう。時差のないこれらの地域では、テレビ中継の期待できる。これまでもアジアの諸リーグとはいい関係を築いてきた。今年のWBCでも台湾代表はオーストラリアでキャンプを張り、ABLのチームとオープン戦も行った。この試合は、台湾で多くの人々に視聴されたと聞いている。このような放送は我々のリーグビジネスを拡大するのに重要な要素だろう」

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by gr009041
  • 2017/11/14 09:33

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック