阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

拡大するベースボールのネットワーク―2015年世界プロ野球の国別ロースターから9:送出国側からみたベースボールのプロ化の広がり

 これまでは、受入国プロリーグの国外選手の出身国の分析からプロ化するベースボールシーンにおけるアスリートの国際移動の現状を探ってきたが、ここでは、送出側からベースボールのプロ化が進んでいことを探っていく。  調査時において、世界中のプロ野球リーグには41の国と地域から選手が参加していた(2014-15年シーズン冬季リーグ20か国・地域、2015年夏期シーズン41か国・地域。ちなみに2008年は38か国・地域だった)。以下に、その国・地域を列挙する。  アメリカ、カナダ、ドミニカ、ベネズエラ、メキシコ、プエルトリコ、キューバ、パナマ、コロンビア、ニカラグア、エルサルバドル、グアテマラ、ブラジル、アルゼンチン、ジャマイカ、ハイチ、バハマ、米領ヴァージン諸島、オランダ領カリブ、日本、韓国、台湾、中国、インド、タイ、ミャンマー、オーストラリア、ニュージーランド、米領グァム、イタリア、サンマリノ、オランダ、スペイン、ドイツ、イギリス、ベルギー、チェコ、リトアニア、ポーランド、モルドヴァ、南アフリカ。   ロースターの確認できた「プロ野球選手」は夏季リーグにおいて、計1万3504人であった(2008年は1万2388人)。そのうち出身の不明な者が173人いたが、その多くはアメリカ人であると仮定すると、確認できただけでも6293人いたアメリカは世界中の野球選手の過半数を輩出していると想定される。以下、選手の出身国の内わけは、ドミニカ(1937人)、ベネズエラ(1143人)、日本(1099人)、韓国(1038人)と続く。日本、韓国は、同じく自国にプロリーグのあるメキシコ、カナダ、イタリアとともに、国際移動をする選手の割合は少なかったが、それに対して、メキシコと台湾は、国際移動率が1割を超えている。これは、両国のプロリーグの報酬の低さと関連するものと思われる。イタリアはメキシコ、台湾以上に選手の報酬は低いが、北米や東アジアとの距離の遠さ、プレーレベルの低さにより、国際移動が抑えられると思われる。  以下では、自国内にプロリーグを持たない、つまりは、プロ選手として野球をするには、国境を超える必要にある国々に主として注目し、野球の広がりについて述べていきたい。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by gr009041
  • 2017/12/04 00:24

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック