阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」

メキシコ・ベラクルス州リーグをゆく 3

 ベラクルスリーグの決勝シリーズは12月の第3週と4週に5戦3勝制で行われた。最初の週の土日はアカユカンで、次の週は金土はハラパで、最終の第5戦は再度アカユカンに舞台を移して行われた。    試合前、フィールドを走るトビスの選手に声をかけられた。日本でやっていたのかと聞くと、自分のいとこがプレーしていたので、一度行ったことがあるという。 エルビラ

 彼の名は、アブラハム・エルビラ。メキシカンリーグ17シーズンで30勝のベテランピッチャーだ。35歳になった2017年シーズンも地元アギラスデロッホス・デ・ベラクルスでプレーしている。ウィンターリーグ最高峰のメキシカンパシフィックリーグでも3度プレーしているが、2010-11年シーズン以降は記録が残っていなので、その後はここベラクルスリーグでプレーしているようである。  いとこの名は、ナルシソ・エルビラ。ミルウォーキー・ブリュワーズでメジャーのマウンドに立ったここベラクルスの英雄で、2000年と2001年に今はなき近鉄バファローズでプレーし、ノーヒットノーランも達成している。    このリーグには、メキシカンリーグでプレー経験のある選手が多い。その中には、この2017年シーズンもこのメキシコ最高のリーグでプレーしていた者も6人いる。フランキーのいとこであるショートのアンヘル・フランシスコ・リベラは、2008年から3シーズンはアメリカにわたりカージナルスのA級で168安打を放ち、その後、メキシコに戻りここ2シーズンはピラタス・デ・カンペチェで在籍し、2017年も50試合に出場している。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by gr009041
  • 2018/01/13 13:29

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック