Moon Ball in the Sun

ザ・ファイナル~錦織ファンの踏ん張りどころ

3か月近く当ブログの更新をせず過ごしました。

その間、スポナビブログのサービス終了の通知もありました。私の場合、このような執筆活動は米国駐在の期間限定活動だろうと半ば覚悟していたわけで、「きっと来年の全米まで続かないだろうな」という予感も薄々あり、それが数か月早まっただけと受け止めています。そして今、米国で放映される数少ない日本のニュースの中で錦織選手の最新映像を目にし、久々に記事を書いてみようと思いました。

この数年、日本滞在時に比べて圧倒的に観戦環境に恵まれたアメリカに身を置き、錦織選手に限らず多くの選手の試合を高揚感とともに見守ってきました。トーナメントの大半を占める欧米開催大会を昼間に観戦できる米国東部標準時間帯、テニス番組を一日中観ていられるケーブルテレビ環境、時には衝動的に会場に足を運べる地理的条件など、本当にテニスファン冥利に尽きる環境でした。そして何より、米メディアの報道や米国のテニスファンに囲まれ、日本バイアスとは違った感覚で観戦できること、全米オープンの生の空気に触れられることで、他のブロガーさんとは違った味も出せるのではないかと思ったのがブログ執筆動機でした。それもどうやら潮時ということでしょう。

そしてもう一つ、大きな執筆動機がありました。初回の投稿記事に書いたように、錦織選手の位置取りや期待に関する自分なりの修正努力でした。2014年のフィーバーのあと、ファンの中には、「ポストBIG4世代のトップ候補」、「将来の世界ランク1位候補」のような応援姿勢も増え、私自身は少々息苦しくなってきたのです。「勝ち続けるフィジカルの獲得は難しいが、上限は高い選手なので、条件が揃った時に一発」「取りこぼしやランキング下降は大目に見る」というのが私の一貫した応援姿勢です。その思いは益々強まっています。いや、最新の取材で錦織本人が語った手首の状態、いまだ残る痛みへの不安と闘いながら、復帰後に明らかになるであろう戦術変化に、ファンの我々もこの先もう一段の調整が必要になるかもしれません。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by halfwayvolley
  • 2017/11/26 03:02

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(8)

「ザ・ファイナル~錦織ファンの踏ん張りどころ」へのコメント

halfwayvolleyさん
お久しぶりです。
ファン心理の表現や、各選手の状況表現が、相変わらず切れていますね。
なんだか、ファイナルブログの様な締めくくりでしたが、、全豪辺りの感想など、読ませていただけたら嬉しいのですが、、
しかし、錦織選手は未だ1月は早過ぎるかも知れませんね。
又、コメント欄でやり取りできればと思いますが、
一先ず、感謝の言葉、有難うございました。と伝えさせていただきます。

posted by ukk_chu_ren
コメント投稿者ID:ukk_chu_ren
2017/11/26 21:17
コメント支持(3)

ザ・ファイナル~錦織ファンの踏ん張りどころ

ukk_chu_ren様

コメントありがとうございます。

スポナビブログのサービス終了が1月末と発表され、実を言うと「新規の投稿はもういいかな」とも思っていました。先行きに話を広げても「回収」が出来なくなりますし、錦織選手の負傷休養により私のテニス観戦も低体温状態だったため、「書きたい!」というテーマが自然発生的に湧き上がらなければ、フェードアウトやむなしというスタンスです。しかし、先日のテレビで、錦織選手がケガした時の状況や今の気持ちを語り、軽い特注ラケットや柔らかいボールで調整する現状を見て、脳内に色んな思いが巡ったため今回の記事を書いた次第です。

「最後の投稿」と宣言するわけではありませんが、「その可能性が70%ぐらいあるかな~」という中途半端感満載の書き振りになってしまい、申し訳ありません。確かに、1月末のスポナビブログ終了までには全豪という大イベントも待ち構えており、テニスファンの血がこの先どう騒ぐかわかりませんので、そこは成り行きで。

感覚観戦さんのブログ、いつも楽しく読んでいますよ。選手の運動神経や球技センスを見抜こうという企画は面白かったです。オフシーズンは、そういう話題も楽しみたいですね。

posted by halfwayvolley
コメント投稿者ID:halfwayvolley
2017/11/27 09:29
コメント支持(2)

「ザ・ファイナル~錦織ファンの踏ん張りどころ」へのコメント

錦織に対してのみならず、テニス界全体への温かな視線をもとに、美しい文体で書かれた投稿内容がいつも素敵で、ずっと楽しんで読まさせていただいていました。これまでありがとうございました。またどこかで文章拝見したいです。今年錦織が去年の状態にあれば…このifは錦織本人がすでに数多の葛藤を経て克服していると思いたいですね…。来年のテニス界は本当に読めないですね。finalsでのゴファンの姿は錦織ファンには希望になりますね。

posted by sampa
コメント投稿者ID:TCE00079851
2017/11/26 21:33
コメント支持(2)

ザ・ファイナル~錦織ファンの踏ん張りどころ

sampa様、コメントありがとうございました。

「楽しんでブログ活動した」と書きましたが、読み手が楽しんでくれてこそ、書き手も張り切れますし、楽しめます。

錦織選手、目の前の困難をぜひ克服して欲しいですね。フェデラーやナダルの見事な復活により、休養後の復帰についての感覚が麻痺しがちですが、本来は大変な苦難が伴うもの。その辺りは外野が言うまでもなく、本人が正しく自覚している印象を受けました。でも、錦織選手も並みのアスリートではありません。フェデラー世代からティーンネージャーまで入り乱れた大混戦が予想される2018年、錦織選手にも手に汗握る見せ場を作って欲しいですね。

posted by halfwayvolley
コメント投稿者ID:halfwayvolley
2017/11/27 10:16
コメント支持(1)

「ザ・ファイナル~錦織ファンの踏ん張りどころ」へのコメント

halfwayvolleyさん

halfwayvolleyさんは統計学的な視点をいつも持ち合わせていらして、言及されている内容に妥当性を感じます。しかし、錦織はこの統計学的視点に挑戦してきたのだと思います。halfwayvolleyさんは適正な期待値とリスク(ブレ)を前提に言及していらして、ファンが適正なそれら期待を抱くように修正をかけようとしているのだと拝見しています。現状はhalfwayvolleyさんの恐れていた通りに収束しているように思えます。ファンは期待値または超過期待に裏切られた際に、批判や応援を打ち切る方向性を持つようです。一方、こんな時こそ応援するんだと思うファンもいるのも事実です。あえて、ファンへの裏切りと表現しますが、個人的な見解としてはそのような反応自体なんら問題はないと思っています。ファンの期待に応えたいという想いはあるにしても気にせずに、後悔のないよう錦織の目指すものを徹して追いかけて欲しいと思いますし、今後もこの応援姿勢は変わりません。「ファンの我々もこの先もう一段の調整が必要になるかもしれません。」とおっしやる通り、錦織陣営の目指すところも修正が加えられるかもしれませんが、結果を恐れる必要はないと思います。錦織はまだ諦めていなのかな、と思います。もしもそうであるとすれば、修正が必要なのでしょうか。まだまだ、私は夢を追っかけて欲しいと思います。

と言うような答えの出ないだろう議論を繰り返させて頂きました。ひょつとしたら、これが最後の意見交換となるかもしれないと思いコメントさせて頂きました。そうならないことも期待します。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2017/11/27 20:40
コメント支持(1)

「ザ・ファイナル~錦織ファンの踏ん張りどころ」へのコメント

jigyakutekiさん、コメントありがとうございます。

ファンの皆様の期待値をどこかに誘導するような大それたことまで考えなくても、単に「自分はこう思う」と発信するだけで、私なりに様々な思いが消化できました。

また、他のブロガー様からコメントをもらう時は、普段の文章から行間の声が伝わる気がして、短いやりとりでも、スポナビらしいコミュニケーションが楽しめたと思います。

jigyakutekiさんとは、スタッツの解釈やミスの受け止め方に関して、意見交換させていただいたことがありました。相対関係で成り立つ競技ゆえ、スタッツ論は本当に複雑ですね。私と友人の草試合でも、フェデラー対ナダルのようなスタッツになりかねません(笑)。また、原因と結果の関係性(夏の気温とビールの売上のように因果の方向がハッキリしているのか?)や有意性の検証など、もし自分が大学のスポーツ科学部の学生だったら、論文1本書きたくなるぐらい興味をそそられるテーマです。でも今はそんな境遇にあるわけもなく、この話は風呂敷を広げただけで終わっています。

ともあれ、テニス界は前に進んで行きますね。jigyakutekiさんの記事、これからも楽しみにしています。

posted by halfwayvolley
コメント投稿者ID:halfwayvolley
2017/11/28 00:46
コメント支持(2)

今までありがとうございました。

halfwayvolley様、

いままで記事を楽しく読ませていただきました。

halfwayvolley様の文章は、理路整然かつ穏やかな文体でありながら、筆者ご本人の人生経験やテニスそして錦織選手への熱い思いが溢れていて、テニス素人の自分が僭越にもコメントを書き込んでも、柔らかく受け止めていただけるような気がして何度かコメントもさせていただきました。
その節は毎回丁寧な返信コメントもいただいてありがとうございました。

このスポナビブログのコーナーももうすぐ終了してしまうということも大変寂しく感じております。

錦織選手が怪我からの復帰を来年初めに控えているこの時期、テニス界も新しい風景に出会う時なのでしょうか。

錦織選手、先週から帰国中で久々に現在進行形の姿を日本のファンに見せてくれていますね。
思いのほか明るく相変わらず天然?なキャラクターと復活にむけての意気込みを感じさせる前向きコメントに、安心と不安と半分半分というのが自分の感想です。

不安というのは、もちろん手首は激しいプレーに耐えらるのかというフィジカルな部分もありますが、彼自身の内面的な部分に関しても、この逆境を乗り切るために自己改革が必要なのではないかと感じるからです。優れたチームからのサポートを受けるだけでなく、さらに自ら強い主体性をもって今後の自分をデザインしていくことがこれからは求められるのでは。

彼が繰り返し口にしている「リセット」という言葉が、単に心や身体をリフレッシュして復帰することを意味するのでなく、新しい大人のテニスプレーヤーとして再生することを意味していてほしいと願っています。

halfwayvolley様がまた記事をアップしてくださることを期待しつつ、ひとまず感謝の気持ちをお伝えいたします。本当にありがとうございました。

posted by TCE00078193
コメント投稿者ID:TCE00078193
2017/11/29 12:16
コメント支持(3)

「ザ・ファイナル~錦織ファンの踏ん張りどころ」へのコメント

TCE00078193様、たびたびコメントを賜り、ありがとうございます。

今年前半の錦織の不調を心配しながら、リフレッシュの方策などを巡って言葉を交わしたことを覚えております。

内面の「自己変革」の必要性に何度かコメントで触れていらっしゃいますが、私も、ランキングを落として景色を変えることが、良い方向に作用することを祈っています。楽しさと図太さがうまくミックスした状態の錦織は、憎らしいぐらい勝負強く見えますよね。

技術面では、今回負傷の直接的引き金となったサービスの修正に取り組むことでしょう。今でも「サーブを思い切り打つのが恐い」と言っていたので、患部に負担を掛けない形で、現時点での最適解サーブをチーム一丸で作り上げるはずです。ここでも「ケガの功名」があるといいですね。

さて来年。自分が若手ではないことを100%自覚してこそ達しうる精神的境地もあると思います。「新しい大人のテニスプレーヤー、錦織」、私はありだと信じます。

posted by halfwayvolley
コメント投稿者ID:halfwayvolley
2017/11/30 08:30
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック