くうねるサッカー アラウンド

カガワ その後

暖かい晩秋の中、代表ウィークに突入しました。 シンガポール vs ジャパンは、0-3の快勝。 今となっては、6月の同対戦でスコアレスドローを呈し 国内のファンをパニックに陥れたあの試合の方が謎です。 どんなんでしたっけ、がっつりひかれた相手の外側を 延々ボール回し続けた印象があるけど、よく覚えてない。 今回は、キヨタケが起点となり、ホンダ、カナザキ、 ムトー(マインツの方の.)が連携しながら縦に走り込み、 観ていてスリリングでした。 18分まで、いくつかのチャンスをものに出来ずじまい だったけど、19分、この3人の絡みでカナザキが きれいなシュート&ゴール!嬉しそう。 22分頃、ありえないきれいな裂けっぷりでキヨタケの ジャージが崩壊。ニュージャージはなかなかカッコイイ デザインだと思う。 25分、キヨタケ→ ムトー→ ホンダがゴール。素敵。 キャーって飛びつくキヨタケ。 後半は疲れたのか暑いのか、次戦のために温存したのか、 ダレてしまったが、41分にラッキーなヨシダゴールで 終了。カガワはちょびっと出た。 今回、カシワギってひともいた。次回マークして観よう。

自分は、ダビド.シルバや、メスト.エジルが好きなので 当然、カガワやキヨタケも好きです。 幸せそうにしているのを見ると、幸せです。 今季のドルトムントとカガワは、ほんと凄い。 特に「ロイスがいる日」のカガワは輝いてます。 走りまくりチャンスを作りまくり抱き合い笑いまくりです。 実は一度、見限ったんだけど。それは不調の時ではなくて 「ここを去る理由がない」て発言したのを読んだ時。 マンチェスタ.ユナイテッドの頃。 わたくし、「何ゆってんの? バカなの?」と思いました。 結局、その1か月後くらいにクロップ監督が呼び戻して くれたんですが。しかしまさかの連敗で、泣きそうな顔を してるカガワも見た、それでもUTDで幽霊部員になってる より、ずうっとマシだよ、キミ。とか思いました。 で、この秋からの大活躍。めでたい。実にめでたい。 選手生命は意外と短いのだから、輝いていただきたい。 環境が選べるのならば、しっかり選んでいただきたい。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by hanano
  • 2015/11/13 19:29

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック