くうねるサッカー アラウンド

シティ2戦と、不安要素

さらに、冬になり、後ろの方にケガ人が続出中。 さらに、30オーバーのシルバとフェルナンジーニョに 疲れが蓄積した場合、替えがありません。 昨季と同じ問題なんだけど、かなりな不安要素。

しかし、先のことは先のこと。 プロである監督におまかせです。

話を戻し、シティ2戦。

マンチェスタ.シティ vs サウサンプトン。 ヨシダマヤがキャプテン。ヨシダは目立ってた。 「アブソリュートリー スウィーパー!」て現地実況が。 ひとつのシュートと、ひとつのシュートアシストも。 危険人物デブライネにFKさせてしまったのも。 オタメンディが飛び込んで決め、1-0に。46分。

この日は、サネがカゼ欠、シルバはベンチで、シティは 若干の戦力不足。それより、サウサンプトンががんばった。 あの監督はもしかして「シティ封じ」の方法を知ってたのかも。 私には分からんが。リードしてるのにペップ監督はワタワタし、 シルバに盛んに話しかけ「さあ?僕に訊かれても知りませんが」 という顔をされていた。がんばれペップ‥。

73分にシルバ投入も、75分にCK&クリアミスから1-1にされ。 その後も延々押し込み、攻撃を続けるが、跳ね返しまくるサウサと キーパー。 「あるよね~決まらん日って」て気楽に観戦、延長の5分間も終わり かけた時、一瞬のスペースが生じ、スタリングがループシュート、 ゴールイン。揺れるスタジアム、走るスタリング、飛び跳ねるペップ。 試合終了、2-1。 シティには未だ、幸運が必要だ。 「そーいうのは、もう要らないんだね」と思った11月だったけど。 スタリングはボンマス戦でも、終わり際に得点したし、 前節もそうだったらしいし、いよいよ、スターの兆しが。 劇的にチームを救う者、それがスター★

マンチェスタ.シティ vs ウエストハム。 まず、モイーズがハムの監督になっててたまげる。 英国に戻らないと思ってたよ‥捨て台詞がヒドかったもの‥。 44分、CKから、ハムのオグボンナだっけ?に先制される。 後半、ドリブルする人と、ミドルを撃つ人が増えるシティ。 56分、スローインからスタリング → ジェズスの突破から、 オタメンディがゴール。 その後、あれこれやってみるものの、なかなか破れず。 先ほど書いたように、FWたちの「経験値」が足りない感じ。 テクニックもスピードも、スペシャルなんだけどねー。 アイドルのアグエロも、この日は不調で目立たない。 2度ほど、ジェズスがシュートブロックしてしまう。 かなり痛いはずだが、恥ずかしいのか、しれっとしている。 結局、シルバ。 82分、シルバが飛び出し、デブライネの浮き球を受け ボレーでゴール!むきゃー! 2-1終了。 ハムは堅守速攻タイプで、キーパー・アドリアンだっけ? 素晴らしかった。ハートはベンチ。

3ページ中2ページ目を表示

  • posted by hanano
  • 2017/12/07 15:11

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック