くうねるサッカー アラウンド

アーセナル - マンチェスタ.シティ、カガワ ほか

◆アーセナル - マンチェスタ.シティ 9月15日、NHK-BSにて観戦。 いや、もー凄い試合だった。プレミアでもなかなか無い攻防。 ヤヤの不在が不安点だったが結果的に正解だった、ヤヤでは このスピードゲームについていけなかったかも。 ランパードとフェルナンジーニョは大半を、守備に追われた。 (ランパードをこの大一番で使うとは驚き。在籍はしても 出番はあんまり無いんじゃないか、と思ってた)

シティ前線は、アグエロ、ナバス、シルバ、ミルナー。 アーセナルは、ウェルベック、サンチェス、エジル、ラムジー、 ウィルシャー。 前半25分頃まで、忙しかったのはシチェスニよりもハート、 つまりシティは押され気味だったのだが、 27分、ぴゃーーと走ってきたヘスス.ナバスがこぼれ球を ぴゃーーとかっさらって、並走した2人にクロスを放ち、 走り込んだアグエロがゴール! 一瞬の速攻劇。 しかしアーセナルも、今日はとても良く。 パスを出す時に迷いがない感じ。縦に速いし。(いつも横に 回してるうちに事故や事件に見舞われてた気がするけど) それにサンチェスが!切り返しがスアレス級。 ナバスがカード覚悟で追い回すが、数回のFKを与えてしまう。

後半はナスリ in 。 18分、サンチェス → ラムジー → ウィルシャーゴール! 美しい中央突破。吠えるウィルシャー。 28分、ウィルシャー → サンチェスがゴール。やられた‥。 戦前「一番ヤバいのはサンチェス」と言ってたのに それでもやられちゃったね、サバレタ‥。脱ぐサンチェス。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by hanano
  • 2014/09/17 14:47

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック