カープファンの構想と妄想

緊急提言・打倒広島を考える

梅雨が明けましたね。 まだ夏休みにも入っていませんが、早くもカープの優勝マジックがどうとかこうとか。 6回の中田廉のピッチングは燃えました。彼が昨日のMVPです。 しかし試合になったのはそこらへんまででしたね。 8回以降はもうカープの応援をやめました。 圧倒的すぎて・・・少し引きました。笑

7回裏、1点リードで一岡を投入し勝ちパターンの継投へ突入。 西岡剛がなんか吠えてた頃、私は 「ああこれ、今日もまた8回に4~5点取るパターンやなあ」 と思ってました。 「8回にとどめを刺し、接戦を大差の試合に置き換える」という展開、去年も今年も何度も見ましたからね。

案の定、8回表に新井のツーベースと野間の狂気の走塁で5-3。2点リード。 もう勝ちました。十分です。 これ以上点数は必要ありません。どうせ中崎・今村を出すんだし。 しかし息の根を止めるまで打ち続けるのがカープ打線。 広輔の3ベースには「もうやめとけ。勘弁したれ」と思いました。 しかしその後も連打連打のマシンガン。 8回8点。 9回3点。 合計11点。

もうね、強すぎてね、 「広島カープおもんねーわ」 でした。

もうね、漫画で言うとね 「キャプテン翼」 ですよ。

主人公の強さがインフレしすぎ。 あまりにも翼君が無敵すぎて漫画としての面白さがなくなりかけたころ、筆者の高橋陽一さんは逆に翼君を「巨大な敵」に見立て、それに挑む相手チームのライバルたちを主人公に据えるというアングルで中学時代を描きました。 これはかなり面白かった。新鮮でした。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by ひが
  • 2017/07/20 11:44

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(8)

「緊急提言・打倒広島を考える」へのコメント

カープファンですが、まだ優勝したわけでもないのに、「常勝カープ」とか使わない方が…。

確かに現状二位以下につけてるゲーム差は大きいですが、最後までなにがあるかわからないのが勝負ごとですから…。

posted by トーリ・スガーリー
コメント投稿者ID:TCE00077637
2017/07/20 18:39
コメント支持(19)

「緊急提言・打倒広島を考える」へのコメント

カープファンですが読んでたら気分が悪くなりました。これだからカープファン調子にのりすぎとか言われる。カープファンではないのにカープファンのふりをしないで頂けたら嬉しいです。
言い方悪くてごめんなさい。煽ってる感じがするのです。
みんなが楽しく応援できたらいいですね。

posted by カープ
コメント投稿者ID:TCE00078376
2017/07/20 23:15
コメント支持(9)

「緊急提言・打倒広島を考える」へのコメント

タイトルからして怪しい感じでしたが、結局何がおっしゃりたいのかさっぱり…

要は今のカープは最強なので、今のセの他球団には負ける要素がないとでもおっしゃりたいのですか?
総合力で勝てないなら無形の力?
調子に乗ってるとしかいいようがない…

あと、常勝カープとおっしゃってますが、
30敗してますしね(笑)
常勝の意味ご存じです?全く敗けずに勝ち続けることなので、他の競技ならまだしも、プロ野球チームに使うのは無理がありますよ

こちら中日ファンですので、明日からの3連戦、意地を見せてくれることを期待しますわ
(マツダなんで過度な期待はしてませんけどね)



posted by ドラゴンズ愛
コメント投稿者ID:TCE00078172
2017/07/21 00:34
コメント支持(7)

「緊急提言・打倒広島を考える」へのコメント

まず第一にスポナビブログは広島ファンの方のブログでもセリーグというタグかついている以上、他球団ファンの人々の目にも止まるということを知っておいた方がいいです
もし、そういった他球団の目を気にするのが嫌なのであればカープファンだけのコミュニティで投稿することをオススメします

内容を見る限りでは、もしカープの選手だけで現在のカープを倒すとすればどうすればいいだろうか?という趣旨だと思いますが、タイトルのみでは他球団に対して現在の我が「常勝」カープに勝つ方法を考えてあげますよ、という成金趣味の如き上から目線と私のようなひねくれ者には見えてしまいました

セリーグの話では確かにカープは戦力があるし独走していますが、どのチームも過渡期にあることが大きいと思いますよ
数年前の巨人中日レベルのチームが今のセリーグにいたら全く違う様相だと思います

カープの場合はFAという即効性のある補強手段がないので巨人のような超長期の黄金期は難しく数年後には必ず低調期が来るはずです(プロ野球の歴史で補強手段が限られている球団が優勝後10年間との程度順位を維持できたでしょうか?)

NPBに主人公はカープだけでなく12球団いるんです
自らを主人公だと他の球団のファンが目にするところで書き込むのは他所は脇役、引き立て役であると言う事の裏返しでスポーツファンとしてリスペクトの精神に少し欠けるんじゃないですかね

私はカープファンには勝者は驕らず、泰然としていて欲しいので思わず長文を書いてしまいました

posted by 名無しのプロ野球ファン
コメント投稿者ID:TCE00074544
2017/07/21 12:18
コメント支持(7)

緊急提言・打倒広島を考える

まず第一に、ライバルを考えるのでしたら今季阪神や横浜には7勝7敗の五分なのをお忘れですか?
まるで今のセリーグに敵はいないとでも言わんばかりの驕った内容。
これがスポナビからリンクされ、他ファンの目にも止まり、
カープファンがこのように考えていると思われるだけでも寒気がします。
一カープファンとして、人に読まれるという事を少しでも考えてほしいと思います。

posted by 私もカープファンですが
コメント投稿者ID:TCE00078392
2017/07/21 14:02
コメント支持(1)

緊急提言・打倒広島を考える

まあいろいろとあれですがw自由でいいんじゃないですかねw
カープがだんとつ首位なのは事実だし実際強いし
私も最近アンチカープになりましたわw
カープが負けると酒がうまいw贔屓球団が負けても楽しむ方法を知ることができましたw
出来れば昨年のホークスみたいなことになってファンが沈黙するシーンを見たいもんです
貴方を含めてカープファンのブログは私の生きる活力になっておりますw

「今に見ておれ~」ってね(笑)

ちな兎ファンですw

posted by 太平洋クラブライオンズ
コメント投稿者ID:TCE00078393
2017/07/21 15:51
コメント支持(3)

緊急提言・打倒広島を考える

広島は確かに強いですね。
ただ今回の内容は読んでいて内容がスカスカでしたし、他球団ファンからしたらむかつきます。

広島ファンが、緊急提言・打倒広島を考える
自体はおもしろいと思いますが、今の広島の長所短所を考察して5球団の戦力を考察して、対広島用のスタメンを考える、戦い方を考える、ただ所詮は遊びなのでありえない奇抜な作戦なんかも入れてもいいと思います。

そこらへんに期待して読んだのですが、つまらなかったです。

posted by 負兎
コメント投稿者ID:TCE00078395
2017/07/21 16:42
コメント支持(3)

緊急提言・打倒広島を考える

皆様、コメントありがとうございます。
実はこの記事のタイトルは当初「カープおもんねーわ」にしようと思ってました。
しかしいくら何でも刺激が強すぎると思い、「打倒広島を考える」としました。

コメントくれた方の中に、昨日の試合をライブで見ていた方はいらっしゃるのでしょうか?
8回表、新井の一打で1点勝ち越し。
続く安部も浅いライト前ヒット。
ライトの福留は2塁ランナーの野間が「回らないだろう」と考えていました。
私もこれは無理無理と思ってました。
しかしカープはこういうケースで走ってくるんです。1点差を2点差に広げる場面。
慌てて福留、ボールを握り直すも野間の足がいち早くベースにタッチしてホームイン!
この後、甲子園のスタンドに「やっぱカープには勝てない」というムードが広がったの、見てましたか?

たった2点差ですが野間のあの足は甲子園のベンチとスタンドを凍りつかせましたよ。
まだ8回表で点差は2点。
ですがカープの強さをまざまざと見せつけたシーンでした。

阪神はあれで意気消沈し、試合を諦めた選手が何人かいました。
西岡が吠えたり、センターフライを落としたことなんか小さなことです。
しかし9回表のプレーは見過ごせません。このプレーで私は「おもんねーわ」と思ったからです。
10点差開いたといえ、西岡がタッチアップの大飛球をちんたら山なり返球しました。
これは「喝!」でしょう。大喝!です。

かつてダルビッシュがメジャーに移籍する時、相手チームから冗談めかして「今日は手を抜いてよ」といわれてシラケた気持ちになったそうですが、昨日の阪神もそんな感じでしたよ。
打倒カープのオーダーも、阪神や巨人で組みたかったですが、それこそまたコメント欄が荒れるのでカープのOBで作ってみた次第です。

西岡のタッチアップは自分がエラーで出したランナーですよ。
それをあの手抜き送球はないです。
確かにイチローでも鈴木誠也でも絶対間に合わない大きな当たりでした。
しかし、中継に入った上本兄は西岡の山なり送球を受けた後、全力でバックホームしてましたよ。
10点差開いてても、9回表の岩崎は気合の入ったストレートでカープ打線にストライク勝負してましたよ。
大あっぱれです。大和もショートで集中してました。こういうのが私の見たいプレーです。
こういう選手たちには点差が開こうが、こっちも全力で対戦したいです。

何でもかんでもカープが勝てばいいと思っているわけではないです。驕るなんてとんでもないです。
私はプロ野球の真剣勝負が見たいんです。カープが勝っても負けてもです。
この続きは本編で書くことにしますので、ご意見ある方はまたそっちにコメントください。
お待ちしています。

posted by ひが
コメント投稿者ID:higashidesedai
2017/07/21 16:56
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック