カープファンの構想と妄想

広商と広陵の微妙な関係

東京ドーム G1-2C。 5回表に飛び出した西川龍馬の逆転2ランを、半年ぶりの「今村-ジャクソン-中﨑」リレーで守り切りました。 いろんな野球の楽しみ方があると思うんですが、私はやっぱり1-0、2-1のシビれる試合が大好きです。 これがですね、0-1でずーっと負けてて、8回裏に逆転2ラン!・・・ではイマイチ面白くないんです。 今日のように、1点リードで毎回ピンチの連続。 でもギリギリのところでピッチャーが踏ん張ったり、キャッチャーが裏をかいたり、味方が好守で助けたりして、辛くも逃げ切るっていう試合展開が「もう、たまらん!!!」のですよ。

・・・いや、変態じゃないですよ。 マゾっ気もないです。

でもね、古くは大野vs槙原。 もっと古くは江夏の21球。 1点取られたら終わり、剣ヶ峰、背水の陣が大好きでしたね。

実は暗黒時代にもこういう野球をやってた時期がほんの少しあったんですよ。 2006年ブラウン政権1年目。 エース候補だった河内広報(当時25歳)を左のリリーフとして起用。 キャリアハイの成績を残した27歳の林昌樹。 奇跡のスライダーを操る左右のサイドハンドに加え、クローザーは3年ぶりに輝きを取り戻した26歳の永川勝浩。 実際よく1-0で勝ってましたよ。2006年。 ・・・って言うか、これでしか勝てなかっただけですけれども。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by ひが
  • 2017/08/30 00:05

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(8)

「広商と広陵の微妙な関係」へのコメント

こんばんは。
他県の自分にはとても面白い地元ならではの話しでした。
岩本もまだまだ頑張らねば…
中村君はどうなりますかね。キャッチャーとしては飽和気味になりそうですが…
自チームの構成よりも良い選手は取る方針で行くのか考え所ですね。

posted by nishikicarp
コメント投稿者ID:nishikicarp
2017/08/30 00:28
コメント支持(1)

「広商と広陵の微妙な関係」へのコメント

>二岡智宏も、西村健太朗も、上本博紀も、私が高校時代に惚れ込んだ選手はみんな他球団なんです。
このへんもまた広陵を本気で愛せない要因であります。


地元選手にこういう変な拗らせ方、というか偏執的な思想をぶつけてしまうから松田オーナーは「広島生れ広島育ち広島高卒」を獲りたがらないんでしょうね。石橋事件から20年も経ってるのに・・。

posted by mikannomukan
コメント投稿者ID:mikannomukan
2017/08/30 02:48
コメント支持(2)

広商と広陵の微妙な関係

nishikicarpさん、こんにちは。
ちなみに私も大阪のカープファンですよ。
本文に書き忘れましたが、代打岩本での送りバントなんてシーンもありましたね。
31歳の彼も、レギュラーでフル出場を目指す選手ではなくなってきました。
代打と守備固めで一軍の座を掴んでほしいところです。

さて中村奨成。私はカープが一位指名すると予想します。
ただし予想であって、希望ではありません。
彼にはキャッチャーとして大成してもらいたいからです。
U-18でまたホームランでも打とうものなら、カープが一位指名しないといけないような空気になる気がします。
本当は履正社の安田君あたりを競合なしで1位指名できればいいのですが、競合覚悟で中村に行きそうな予感がしますね。
ただ坂倉も[強肩]強打の捕手。阿部と古田が一つのチームにいるような状態は勿体ないですよね。

posted by ひが
コメント投稿者ID:higashidesedai
2017/08/30 08:54
コメント支持(1)

広商と広陵の微妙な関係

mikannomukanさん、こんにちは。
引用してくださった部分の上の部分が私の本意です。
二岡の母校なんで広陵が嫌いってわけじゃないんですよ。
二岡も金本も好きですよ。
例えば大阪の高校野球ファンなら、桐蔭のファン、履正社のファンっているじゃないですか。
それと同じで私は広商のファンだから、広陵に対して微妙なライバル心があるってことですよ。

それと石橋事件は完全に迷信です。
よくまあ2ちゃんねらーはこんな偶然を発見したものですね。

posted by ひが
コメント投稿者ID:higashidesedai
2017/08/30 09:03
コメント支持(0)

「広商と広陵の微妙な関係」へのコメント

返信ありがとうございます。


そうでしたか。自分は高校野球に限らずアマ野球を語るのにプロ野球の事を前提にするのが嫌いなので、そのように捉えてしまいました。失礼しました。


それから私は別に石橋事件が原因で広島が地元育ちの高卒を獲らなくなった、とは言ってないですよ。私が言いたいのは、今の中村に対するみたいな機運などが間接的にではありますが石橋みたいな選手を生み出したのだと言うことです。巡り巡ってでしょうが。

二岡をドラフトで逃して何年か後のインタビューで高卒時に獲ろうと思えば獲れたのでは?というようなコメントありましたし。まぁその中でやはり地元高卒の扱い辛さみたいなの感じているのでは?とも思いましたが。

posted by mikannomukan
コメント投稿者ID:mikannomukan
2017/08/30 20:12
コメント支持(0)

広商と広陵の微妙な関係

mikannomukanさん、こんにちは。
球団サイドに「地元高校生の扱いづらさ」って、私は皆無だと思いますよ。
スカウトと育成が命のカープです。そんなこと言ってたら球団が成り立ちませんからね。
分母となる「広島出身の高校生候補」そのものが少ないと思います。
2001年から2008年までのデータでは、広島出身の高卒新人は8年間で7人しかいません。

posted by ひが
コメント投稿者ID:higashidesedai
2017/08/31 12:03
コメント支持(0)

「広商と広陵の微妙な関係」へのコメント

大阪でしたね。
あまりのカープ愛と言うか広島愛と言うか、はたまた高校野球愛に勘違いしました😊
自分も依然からドラフトは安田君が良いと思っていました。しかしあまりにも広島県の有望な選手が他球団に行ってしまう事もなんだかなぁと言う感じです。
これも縁や運の要素が大きいのでどうなりますかね。

posted by nishikicarp
コメント投稿者ID:nishikicarp
2017/08/31 10:15
コメント支持(0)

広商と広陵の微妙な関係

nishikicarpさん、こんにちは。
私は大阪なんですが、親父もじいちゃんも広島出身で、大のカープファン。
なので私は先祖代々、生粋のカープ人ですよ。

履正社の安田君。赤星ベースボールアカデミーの出身で、本人の目標は「松井秀喜」だそうです。
スイングの軌道とか、ボールを引き付けて引っ張るツイストっぽい打ち方は完全に松井を意識してるなーと思っていました。
今の彼は弾道ライナーを打っていますが、プロでコツを掴めばすぐに高い弾道のホームランアーチストになれると見ています。
まだまだサードの守備は怪しいですが、それもプロ入り後どうとでもなると思います。
中村と清宮に注目が集まる中、こっそり単独指名できるかも!って甘い夢を見ていますよ。無理かな(笑)

posted by ひが
コメント投稿者ID:higashidesedai
2017/08/31 12:09
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック