ぷかちょの、野球はツーアウトから。

福本氏の「こりゃ、草野球や!」の試合終了後のコメントが笑えた。

9月29日(火)甲子園・18時開始・25回戦 ○阪神 4×-3 DeNA● (阪神14勝11敗)

勝ちは勝ちという事でしょうか… 酷い試合内容でしたがCS進出というチーム目標がある限りはそこを目指さなければならないという事なので、やはり勝ちは勝ちなんでしょうね。しかし、ねぇ、なんだか。

両チーム、ミス、ミス、ミスのオンパレード。

DeNAが同点に追い付いたのもタイガースのミスから、阪神がサヨナラに持って行けたのもDeNAのミスによるもの。

本来ならばメッセンジャーが勝利投手で終わらないといけない試合。 阪神、DeNA、両チームともに今季を象徴する試合ですね。

投手で見ていくとメッセンジャーは2回のピンチを最少失点1で終われたのが良かったですね。無死1,2塁で飛雄馬選手の併殺がありましたが、打順が下位に向かう所でDeNAとしては難しい所だったんでしょう。送られて嶺井あたりで2点目を取られるとさすがに嫌な感じでしたから。結果的に嶺井で終われたことで次の回は山口からという展開も少し流れ的には収まりましたし。

7回は今成がボテボテの当たりにバウンドを合わせに行ったため、腰のやや下あたりの中途半端な位置でグラブも上からなのか下からなのか、本当に拙い守備でしたね。あの位置で捕球しても送球には体重移動が大きくなってしまうので、やはり前への進み方を誤りました。 今成は8回の時の後藤のファールフライも鳥谷とお見合いしてしまいましたが、決して捕れない打球ではなかったと思います。 鳥谷はポジショニングから少し遅れていましたからね。捕球体勢としてはボールを前に見れる鳥谷の方が通常ならば優位なんでしょうが、落下地点付近にいち早く到達出来ていたのは今成でした。あそこまで行けばせめてグラブには触って欲しいですね。場所はなかなか難しい所ですが、高く上がった飛球は捕手経験者としては今成は有りますでしょうから。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by hitandrun
  • 2015/09/29 23:51

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック