ぷかちょの、野球はツーアウトから。

やはり目の前の試合をコツコツやっていく、そして当たり前はないのかもしれない。

でも、青柳の投球がいい時の状態まで上がってきたことは素直に評価されていいと思う。クイックも一段早くなっているし、先頭打者を出したのは平田に本塁打を打たれた以外は3回に亀澤選手を出しただけ。6~7回を2,3点程度で抑える感じで投げれれば、貴重なアンダースローとしてローテに入れれる。京田や大島、前夜打ちに打った荒木も青柳にはノーヒット。抑えるポイントもしっかりとわきまえていた。 まだまだ課題もあるだろうが、前回の事を思えば、今後は楽しみである。負けが付いたが、勝ちに等しい。

上本の守備が二度拙守が続いた、と書かれてもいるが個人的には上本の守備力でも十分出来得るプレーではあった。 でも、攻撃型のスタメンを組んでいるので上本のプレーにはある程度覚悟はいるだろう。 苦言を呈すとすれば、京田選手が一二塁間に打った打球の処理の方である。 グラブを出したが、その下を抜けていったように見えた。あそこは、身体を投げ出してでも止めなくてはいけない。 三塁走者の生還は許しても、二塁走者まで還したのは結果的にマズイ。そこが、拙守。 打者が京田なので捕っても一塁そのもののタイミングも微妙だっただろう。もったいない。

継投もちょっとベンチの考えというか酷いものがあったが、とにかくこのカードでこれだけ苦しんだのは、理由がいくつかあると思う。

まずは、打てない、点が入らない。

中日戦 ①ヒット10本、得点3 ②ヒット7本、得点3 ③ヒット8本、得点2

3試合とも初めに取った点が5回表。打線そのものが全体的に調子を落としているのもあるが、ベンチが慌てる必要はない。 ただ、四球などヒット以外でもチャンスは意外にもらえているはず。ノーヒットでも点が入る可能性がないか? スチールはもちろんだが、エンドランやスクイズ、セーフティースクイズや重盗など使えるものはなかったか? タッチアップできているところできちんと出来ていたか?タッチアップは何も本塁だけではない、二塁から三塁への走塁がそう。 「打てない、点が入れない」を唱えたところで仕方ない。 選手を責めるだけではなく、ベンチが工夫やその為の選手起用をするアイデアは少なくはないだろう。

3ページ中2ページ目を表示

  • posted by ぷかちょ
  • 2017/04/21 19:11

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック