赤の血潮と、青の魂

『グランパス』退団選手発表と、今後の展開予想

監督人事も交渉中で、新GMも内定で就任すらしていない状況で、 退団する選手だけが、粛々と発表されています。 新加入選手とレンタル移籍中の選手を含めて39人体制まで 膨らんでいる状態なので、退団者が多くなるのは当然でしょう。

闘莉王の退団が発表され、イ・スンヒとハ・デソンは退団濃厚。 そして小川、竹内、明神、西村、森勇人の退団も発表されました。

久米体制の色濃い人物が退団に追い込まれていただけに、小川、竹内 はあるかもしれないと思っていました。 世代交代といえばそうですが、新加入選手へのフォローや、若手を 引っ張るリーダーシップなどの役割を考慮しない人選ですね。 チームの結束力がどうなるかは不安に感じます。 もちろん能力的に判断すれば、小川、竹内は世代交代の犠牲に なりそうではあるとも思っています。

森勇人は期待していただけに、寂寥感が強いです。 故障の影響もありましたが、起用できるレベルにないなら昇格させない、 昇格させたなら起用できるレベルに育てる。 そういった育成の工程表のない、計画性の無いグランパスフロントには 怒りを覚えます。 高原幹の失敗から何も学んでないようです。 梶山と深堀が同じ轍を踏まない様にしてほしい。

”サッカー小僧”がこの先のサッカー人生で花開いてほしいものです。 韓国人選手2名を加えて、退団する選手は8人でチーム編成は31人。 この後の契約状況や編成を考えると5~10人は退団するか、レンタルで 出る可能性は残されています。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by hototogisu
  • 2016/11/09 00:23

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック