赤の血潮と、青の魂

呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。

「戦力が整いながら、なぜグランパスが勝てないのかがわかった。 サッカーを知らない人がフロントにいる」2000年:呂比須ワグナー

「今のグランパスを仕切っている人たちが何を考えているのかと思いながら、 この何日かを過ごしてきた。どこに向かって走っているのか、本当に誰もが 分からないまま、この状況が続いている。“また同じ失敗を繰り返すのかな” と、しみじみ感じてます」2016年:闘莉王

15年以上の月日が経ち、同じブラジルから日本に帰化した両選手が、退団する 際に同じような趣旨の発言をする。 ちゃんと発言している人、チームのことを思って発言している人に限って飛ば される。言う人は戦力であるかどうかは関係なく、どんどん切られていく。

「もっと早く見切りをつけ、監督交代をしていれば」という意見は正しいが、 本質ではない。小倉を監督に据える組織が、正しい監督交代のタイミングを 図れるはずはないのだ。(web Sportiva:小宮良之)

小宮氏のコラム内の一言は、グランパスの低迷を端的に説明していますね。 グランパスのフロントが異常なことは、清商トリオをシーズン途中に解雇した 事例からも見える様に、クラブに物を言う選手を追い出してきた歴史があります。 ジョアン・カルロスと大岩・望月・平野が対立したのも2000年でしたね。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by hototogisu
  • 2016/11/09 01:00

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(7)

「呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。」へのコメント

フロントは一年でJ1に復帰するのは規定路線で、二年後のJ1優勝、三年後のACL優勝を見据えて小川、竹内、闘莉王らを戦力外にしたそうですね。そんな夢を夢ともいえない、今期の反省を全くいかしていない浅はかなビジョンのために中心選手が切られるのは意味がわかりませんね。J1もJ2も素人フロントが思っているほど甘くないし、戦力的には名古屋より上な感じもするセレッソでさえ大苦戦してるというのに…
ともすればJ3に降格することも考えられるのに…
そんなことは全く考慮してないんですかね?
こんなんじゃサポーター選手も愛想つかしますよ
補強するっていったってこんな素人フロントがやってるチームには誰もきたがらないだろうし…

posted by carp0511
コメント投稿者ID:carp0511
2016/11/09 03:21
コメント支持(2)

呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。

残念ながらグランパスは今後ますますトヨタの企業クラブ化していくでしょうね。
ただでさえ地元からサポートが得られておらず、Jリーグの理念である地域密着からもっとも遠いクラブのうちの1つだったのに、今回の降格に加えて深刻な内部事情とくれば、ファンはますます離れていってしまう。

でもトヨタは金があるし世界的企業としてチームをなんとかする自信があるんでしょう。
ファンの声?地元の声?俺たちトヨタ様がやることに文句言うな!的なスタンスにすら見えます。

選手から見てもこんなクラブにいたいとは思えない。
既に退団が決まった闘莉王を筆頭にする8人に加え、永井は間違いなく移籍するでしょうし、クラブが契約延長を考えている選手もよほどの地元愛がなければ残る気にはなれないですね。

残るのは契約期間中の選手と、敢えてチャンスだと思って入ってくる未知数な新人や戦力外選手たちくらい。それで勝てるほどJ2が甘くないのは今更ですね。今年の山形みたいに元J1が急ブレーキでJ3降格争いすらあります。

トヨタが身の振り方を反省しなければ、グランパスはヴェルディやアビスパのように地元から見放されたクラブとして延々と存在し続けるでしょう。
どちらも反省からくる地道な努力で少しずつ信頼を取り戻しつつありますが、以前ほどの輝きになるにはあと何十年もかかるでしょう…。

個人的には元グランパスファンの受け皿になるようなクラブが出てきて(愛知FCとかFC刈谷とか…)、そこが盛り上がるのが理想的ではあります。
サッカーは選手・ファン・街と協力しないと成り立たない…トヨタにそれを分からせる必要があります。

闘莉王、身体的な面ではだいぶ衰えがありますが、キャプテンシーと経験から来る守備はJ2ならまだまだ第一線でやれると思います。打倒グランパスの気合で頑張って欲しいし、給料で折り合いが付けばどこか取って欲しいですね。

posted by abced
コメント投稿者ID:abced
2016/11/09 09:43
コメント支持(2)

呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。

carp0511さん
abcedさん
コメントありがとうございます。

降格はこうしたトヨタの無責任体質を取り除く機会ではあります。
完全に膿を出すにはさらなる痛みは伴うと思います。
それでも、クラブが壊れないように出来るのが、サポーターの
支えではないでしょうか。

こうした歴史を繰り返してはいけない。
フロントを変えることは難しいですが、選手を支えることは
サポーターにできることの、一つではないでしょうか。

posted by hototogisu
コメント投稿者ID:hototogisu
2016/11/09 22:00
コメント支持(1)

呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。

カラーコピーってすごいですね。ベンゲルのマネージャーって何年前の話でしょうか
結局世界のトヨタとしては、Jリーグで結果を出すなんて当たり前すぎて、小さな目標過ぎて世間に顔向けできないってことですね。大向こうを唸らせるのは当然てな感じでしょうか?
トヨタ自動車自体はそういう見栄とか無縁に愚直にモノづくりに取り組んで気が付いたら世界一だったみたいなイメージがありますけどね。
グランパスは何故かユース出身者もパッとしないので、大卒や外国人・引き抜きを中心に戦力を整え、早急な結果を求めるチームというイメージがあります。
地道でひたむきな改善でいつの間にか強いチームというのが、トヨタと名古屋のイメージなんですがね。

posted by kumakumasansan
コメント投稿者ID:kumakumasansan
2016/11/09 22:15
コメント支持(1)

呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。

kumakumasansanさんコメントありがとうございます。

確かに地道でひたむきな改善でいつの間にか強いチームに
グランパスがなれば、強くなれますね。

大企業病なんでしょうね。
実際、自分がトヨタの出向幹部だったら、サカつくしたくなる
衝動を抑えられないと思いますけど。

posted by hototogisu
コメント投稿者ID:hototogisu
2016/11/10 22:17
コメント支持(0)

呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。

うーん、フロントの功績は無視して、失敗ばっかりあげつらうのはどうなんですかね?
2000年と2016年の間に、ピクシー監督と闘莉王を獲得してリーグ優勝したのはフロントのおかげでしょう。

そして、今回、闘莉王はもちろん、数々のベテランを切って若返りを図ることはリスクを負うことになるが、正しい方向性だと思います。
闘莉王に限らず、力の落ちたベテランを異様に重用してるのがグランパスの課題でしたから。
J2で3年間ほど力を溜めて、若手を育ててJ1に返り咲いて、J1のリーグ優勝争いをできるクラブになることを目指すのなら、それはそれで一つのフロントの見識だと考えますね。

posted by mostovoi
コメント投稿者ID:mostovoi2
2016/11/10 23:15
コメント支持(1)

呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。

mostovoi2さんコメントありがとうございます。

闘莉王を獲得して、優勝に貢献した久米一正社長は
責任を取って退任されましたから…
どこまでが、誰の功績かを分けるのは難しいですね。

フロントに問題があるのはジェフ千葉と同じです。
グランパスもジェフ千葉も、責任の所在が曖昧な組織体系。
意思決定がどこで行われているか見えない部分がある。
そこにフィーチャーしてみてもいいんじゃないでしょうか。

posted by hototogisu
コメント投稿者ID:hototogisu
2016/11/10 23:37
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック