赤の血潮と、青の魂

『グランパス』VS 松本戦 ~収穫と課題~

「優れた技術の前ではプレッシングは無力だ」byクライフ

30分過ぎたことから体力的な問題から松本のプレッシングが落ちてきた瞬間から、グランパスの小刻みなパス交換がリズムを作ります。 ボールを奪えない松本はズルズルと後退。 パスが回ることで、グランパスの選手間の距離がコンパクトになります。

小林→田口→青木→田口→シモビッチ→田口→青木→シモビッチとダイレクトなパスでDFを押し込むと、寿人を狙ったシモビッチのパスがDFに足に当たりこぼれ球になります。 そこへ反応したシャビエルと下川がもつれあい、倒れた下川にボールが当たりオウンゴールでグランパスに先制点が生まれます。

松本サポーターとしてはファウルではないかと思えるプレーでしたが、PA内で簡単に倒れてはいけないという持論を持つ者として、体格に勝りながら、あっさりと倒れた下川の弱さ(メンタル含め)に原因があると思います。 倒れながらでもボールをかき出す。 堅守松本の選手なら、それくらいの執念(執着)が必要でしょう。

下川陽太は大阪商業大の4年生(特別指定選手)。 鋭いドリブルは魅力ある選手なだけに、松本らしい粘り強い守備を身に着けたら、大きく飛躍する可能性を秘めてはいます。

自分たちの時間帯に失点した松本は混乱したのか2分後に、小林のロングボールであさっり裏を取られます。 スピードのあるシャビエルのパスを受けたWBの青木が中央を突破。 冷静に中を見てクロスを上げると、当然そこには寿人がつめていてワンタッチゴール。 風間監督が作り上げているチームが形になりつつあることを感じさせるものでした。

寿人の良さはボックス内でのポジショニングと得点感覚。 今までは寿人がボックス内にいてもボールが運べなかったり、チャンスメークする位置にポジションを下げていた。 ここ最近はゴール近くで仕事ができる環境が整いつつある。 チームの成長が感じられる得点でした。

5ページ中2ページ目を表示

  • posted by hototogisu
  • 2017/08/13 01:58

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック