赤の血潮と、青の魂

『グランパス』VS 松本戦 ~収穫と課題~

杉森は寿人から良い所を学んで、ベンチから抜け出してほしい。 決定力を高めることが杉森の課題だし、そのヒントを寿人は見せてくれている。

それと青木の中央突破は戦術的におもしろいです。 WBの選手があの位置にいることが異例。 ポジションレスの風間監督が指揮するチームらしいプレーでした。

左WB、SB、サイドハーフを経験したトップ下の青木が、ポジションの制約にとらわれず、自身の長所を表現した。 非常に興味深いプレーでした。

後半51分の得点はシャビエルのサッカーセンスが溢れたものでしたね。 ボール奪取を狙うポジショニング、シモビッチのスルーパスから、利き足でない右足ながら冷静にコースを狙い流し込んだシュート。 技術と戦術眼の確かさが凝縮されたシーンでした。

ボールを簡単に失わない。 意図の無いプレーが極端に少ない。 高い技術に裏打ちされた正確なプレーの連続。 技術のある若い選手に、もっと上のステージを見せて、成長の一助になる。 シャビエルの存在は、チームの進化に大きな影響を与えそうです。

3-0とリードしましたが、前節のトラウマからか、安心できない心境。 案の定、56分にセットプレーからあっさりと失点。

グランパスはセットプレーでは守備をゾーンディフェンスです。 ヘディングの強いCB飯田と青木が競り合う形ができ、こぼれ球を當間に押し込まれます。 ミスマッチへの対応やこぼれ球へのレスポンス。 グランパスの今期の課題が凝縮された失点だといえます。

失点し慣れたのか、動揺をした選手が少なかったグランパス。 攻勢を強める松本の薄くなったDFラインの裏を取るプレーで追加点を奪います。

シャビエルの正確なパスから、シモビッチの巧みなトラップからDFを躱しドリブルでボールを前に運びます。 シモビッチのクロスをシャビエルが流し、寿人のGKの位置を把握したコースを狙った冷静なシュートで追加点。 松本の勢いを弱める貴重な得点でした。

5ページ中3ページ目を表示

  • posted by hototogisu
  • 2017/08/13 01:58

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック