赤の血潮と、青の魂

落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。

まず第二弾の自由契約が発表されました。 浜田達郎・浜田智博・山本雅士は故障のため育成契約に。 育成契約の中川誠也は自由契約になりました。

以前、戦力外発表を見て怒り爆発!!!落合博満にGMの資格なしと書きました。 育成契約でも、大学卒や独立リーグ出身者が1年で解雇されても怒りません。 彼らに取って少ないチャンスでも、プロでの活路を見出すためのチャレンジですから。 唯、高校卒の選手は別だと考えています。 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる的に乱獲して、素質がないから戦力外。 単純にファームの体制と、フロントのスカウティングのミスでしかない。 素行不良でもない限り、10代の青年を消費しちゃダメだと思います。

さて、一部には育成契約だとしても厳しいプロの世界。 実力なき者は1年で自由契約になって当然だと主張があり、確かにその通りではあります。 しかし、育成選手を育成できない環境が、ドラゴンズ弱体化の原因だと思っているので、 その部分には切り込んでいかないと、いけないのではないでしょうか。 この10年間でソフトバンクは優勝4回、日ハムは5回。 セリーグでは巨人6回、ドラゴンズ3回。

この中でソフトバンクと巨人は3軍を持っています。 「3軍はケガさえなければ、野手なら年間200~300ほど打席に立つことができます。 投手は高卒の場合はケガの心配もあるので、夏まではあまり放らせませんが、 順調なら年間70~80イニングは投げられます」(小川3軍監督)

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by hototogisu
  • 2016/10/31 01:36

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。

読み応えのある記事ですね。

posted by いつも
コメント投稿者ID:TCE00073601
2016/10/31 16:20
コメント支持(1)

落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。

コメントありがとうございます。

日ハムやソフトバンクの試みを知ると、
ドラゴンズも何かしないと、優勝できないと危機感があります

posted by hototogisu
コメント投稿者ID:hototogisu
2016/10/31 22:25
コメント支持(2)

よく読まれている記事
トラックバック