ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフスイングの処方箋

ショットに悩み、飛距離に悩み、スイングに悩んだ時、 注意しなくてはいけない点があります。

具体例で言うと、 ✋体が開いてしまう ✋煽り打ち/すくい打ちになってしまう ✋右サイドが下がってします ✋体が突っ込んでしまう という よくある悩みがあります。

この動作は根本的には 実は『合っていて』(正しくて) 実は『間違っています』

なので その行為そのものは!治してはイケマセン!

何が『合っている』か というと スイングは体の向きを変える運動の その過程の中でボールを打ちます。 よって 必ずいずれ 体は開く☞左を向きます そして スイングには前傾姿勢があるので、 左を向けば、右サイドは低く、左サイドは高くなりますから 最後は上に向かって振るような時が来ます。 その状態では 右サイドは下がってしまっていますし、 右サイドはボールに近づいてしまっています。

行為、動作そのものとしては どこも間違っていません。正しい動きです。

何が『間違っている』か、というと 単に 打ち遅れている~時機を逸している に 過ぎないのです。

体は開いていいんです。 ただし 開く前に打ってしまえばいいのです。 左サイドは上がります。右サイドは下がります。 ただし そうなる前に打ってしまえばいいのです。 俗に言う「突っ込み」、それもいずれ訪れますが そうなる前に打ってしまえば良いだけのことです。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by hummingbirdsporte
  • 2017/10/13 17:25

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック