ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2

 硬いシャフトを使うともうひとつ ゴルフでの永遠のテーマを失う   ボールをつかまえる という事だ 余程 ゴルフに時間とお金が掛けられる人を除き  特に ゴルフにお金が存分に掛けられる人を除き 大概のゴルファーは 一生涯 ボールをつかまえ「られない」ことに終始する 20~30年やっている スコアはそこそこ のゴルファーでも  ボールをつかまえる つかまえられる こすらない 人は   大変 少ない。  非常に少ない。    全ゴルファーに対する 左打ちの女性位の割合 である。 ボールは球上の形状である それを板状のもので叩くのだから 板状のモノに角度があればボールは逃げ道を探す それを封じ込めるためにも その板状のものを上から抑え込むようにいれてくるから ボールは逃げ道を失い 潰れる。 ハミングバードのクラブを「ある程度」正しく使えば 嫌 というほど味わう感覚だろう。   余談だが 最近では12~13度のドライバーでも上がり辛く、困っている人もいる位…。 つかまえる感覚に逮捕され アッパーになってしまっている人も少なくないかも知れない… しっかりしたヘッド重量の 動くシャフト(柔らかい)を使えば ボールを打つまでの準備工程で 意図的な動きをしなくとも  グリップエンド(エンド部)とヘッド部に運動差が生まれる   意図的にしなくとも   …逆にしてはいけない    ヘッド部の方が 背骨からヘッドの迄の同心円上以上の運動をしようと     する。   それによって ヘッドが遅れ      → 結果的なハンドファーストが出来る   しなるシャフトは しならさない様に使う  のが基本だ ヘッドが遅れ シャフトのグリップ側が左に傾いた この写真のような状態でインパクトに入る  このシャフトの傾きは そのまま「地面に対する」ロフトの立ちになるのだが その量は入射角度と一致する 入射角度がある分 ボールに対するロフト効果は同じなのが  打ち出し角度とスピンに分散する  これによって微妙に個人差が起こり 打ち出しが低めでスピンの多い人と 打ち出しが高めでスピンの少なめの人が 出たりする訳だ しかし 硬いシャフトには この「クラブの運動」は備わっていない  だから 雑誌やYOUTUBEなんかを見ると   「シャフトのしならせ方」 みたいなモノが出て来る   しならないシャフトは しならせないと使えない という意味合いだ    ま だったら始めっから しなるモノを使えばいいんじゃないのか? ゴルフクラブは 静止状態 では シャフト軸線と重心位置が ずれている  しならないシャフトは その形が運動中も維持されてしまう  ので   すなわち しならないシャフト を しならせる という事は    シャフトを捩じって使う という事と同意語になってしまう。 硬いシャフトは  ☆しならないから 自然なハンドファーストが発生しない  ☆しならせると 捻じれて フェースも右を向く上    さらにロフトが増えてしまう  ☆そして しならないシャフトは ヘッドが下がり難いので    低いところにある ボールに届き難い そんな こんなで 硬いシャフト を 使う人の 大半  嫌 殆んどの人が ボールを 右サイドに置かなければならない   体の真ん中に置いている人は まだましな方で    右の◎ンタマの前や右膝の前に置いている人も見かける  右に置くことによって   遅れによって 出来ないハンドファーストを アドレスで作り    左に置くと届かないボールを 一気に近づけている訳だ

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by hummingbirdsporte
  • 2012/07/23 23:36

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック