ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

キャディでの体験記

昔 試合ではないんだけれど あるテレビのエキジビジョンマッチで 某有名(当時)外国人プロのキャディをした時のお話 そのプロのバッグを担ぐのは初めてなので 練習場で アイアンの番手 等の距離を聞いた ところが 本人の口から 「よく 分かんない…。」 話し込んでいくと  5番アイアンで200ヤードは届くけれど コースへ出たら 無風ピッタリ200ヤードでも 5番アイアンは使わないだろう って言う まだ 頭が固かった当時の僕には  イマイチ意味が分からない・・・??? 青木御大が 「そいつの番手は参考にならん!から」 コースへ出ると まるで 複雑なトンネルとか波打った面のある パットパットゴルフのような ショットスタイルで 低いフックあり 150ヤードの転がしあり ロブショットあり ハーフショットあり こちらから 番手やショットのアドバイスなど まったく不必要で ただ ただ唖然と バックを運んでいるだけ・・・ コースの状況 風 傾斜 雰囲気 勘 色々なモノを交えて なんとなくの感覚で 番手を選んで 毎回違うパターンのショットを打つ http://blog.livedoor.jp/hbs/ 残りのヤーデージの コチラからの確認は ショートホールを除く ティーショットの時 だけで 残り200ヤードを超えるようなとき以外 グリーンが視認できる限り 一切 しないし 自分自身で 確認もしない 青木御大の通訳も兼ねながら 色々な話をしながら 一日ラウンドしたけれど 本番 例えメジャートーナメントでも 概ね 同じようなゴルフをするそうで 数少ない 青木御大のやり難い選手の一人だ そうだ ショットの実力はものすごく まるで 魔術師 というか まじない師 悪く言えば ペテン師のようで 何をとっても まったく参考にならず ただ ただ 一日 アングリと口を空いていただけ… 何故 その方法を採用するのか 聞くと 最終目的である カップ(ホール)は はいる方向 入口が決まっていて 右から 入るのか 左から入るのか 既に決まっているから それに従っているだけ と でも ここは初めてのコースでしょ?! イヤ 全体像も見れば だいたい分かるから と それ以前か それ以後かは記憶にないが  メジャーチャンピオン である

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by hummingbirdsporte
  • 2012/10/02 10:58

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック