ミーハーなカープファンのブログ

単独首位ーーー! ありがとうドラゴンズ

カープの試合がなかったのでラジオで阪神対中日を聞きました いつもは気楽に聞けるのだけど今日はちょっと違います だって…阪神の結果次第ではカープがリーグ首位に立てるのだから 昨日まで戦っていた中日だけど、今日はガンバレ中日ですw

昨日はいい点の取り方をしましたね ルナのエラーの事とかあるけど やっぱり打って勝つって気持ちいいです 去年までの「あと1本」「あと1点」ってのが嘘のようです 今の好調カープ打線を引っ張っているのは間違いなく 菊池・丸の菊丸コンビでしょうね その2人に田中を加えた同級生コンビが出塁すると 4番5番が帰し6番7番でもうひと押しするという 理想的な攻め方が出来るようになったのも 菊丸コンビ復調が大きいです

正直にいうと… 打順の固定って必要なのと思ってました 相手投手によって打者を選択する事 調子によって打者や打順を入れ替える事 それを柔軟な対応だと思ってましたし その方が相手もイヤに違いないと… でも、今のカープの戦いを見ていると 去年そうしていたのは… そうしないといけなかったのは… 単に戦力が不足していただけだったと気付きました 今の打線が機能する間はこれからも勝ち続けるのでしょうね

そうなると怖いのは選手の離脱や不調です いまは勢いのあるチーム状態ですが みな多少なりとも無理をしてプレーしてると思います 張り切りすぎてのケガや 対策され続ける事による不調に誰かがなった時… 代わりのメンバーでこの打線を維持できるのだろうか? そして今の打線がひょっとしたらピークな状態だとしたら… いつまで続くのだろうか? 去年のDeNAや一昨年のカープのように 失速してしまうのではないかと心配です

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by i-love-carp
  • 2016/04/15 23:40

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

単独首位ーーー! ありがとうドラゴンズ

カープ野手陣は、実際それほど厚手というわけではないので、
やはり今がベストなんだろうと思いますよ。

ただ、これまでにも年間とおして戦った経験を持つ選手が
ほとんどなので、フルシーズンもたずに息切れするという懸念は
あまりないように感じます。
年齢的に、新井ぐらいでしょうか。心配があるとすれば。
むしろ今上位にいる他球団でいうなら、高山とかナントカとか、
今年出てきたばかりの駆けだしに頼らざるをえない阪神のほうが、
途中で息切れするリスクは、相対的にはずっと高いでしょうね。
(一軍デビュー初年の丸がそうだった)
同じベテランといっても向こうは、福留と西岡に年単位の
長期で離脱するような深刻な故障の経歴もある。リスクは高い。
まあ巨人のほうが、そういう意味ではまだましでは。
阿部はともかく、長野や坂本は充分復活が期待できる状況ですしね。

カープの場合、野手陣よりも不安なのはやはり先発投手でしょう。
いくらなんでもローテのうち二人をルーキーに任せざるをえないと
いうのは厳しい。二人ともがシーズンとおして機能するというのは、
それこそ考えづらいではありませんか。
穴埋め役がいるか、と考えるべきは、むしろこちらのほうでしょう。
中村恭平は下でがんばってるようですが、戸田今井あたりは
今年はサッパリのようですね・・・。
ただ、この点についても、他球団の先発ローテと比較するなら、
それほど大きく遜色があるというわけではないんですよね。
他も4人揃えるぐらいがせいぜい、というところが
ほとんどですから。カープとしては、やはり野村祐輔が
復活したらしいのは、非常に大きいですね。
去年も彼がキーマンで、ダメで、チームもダメだったわけですが。

リリーフは、8回9回さえしっかりしてれば、
たいがいは何とかなるように思います。やりくりで。

posted by 35zenn
コメント投稿者ID:35zenn
2016/04/16 09:40
コメント支持(2)

よく読まれている記事
トラックバック