鴎道を行く!

ブラゼル→サト→成瀬・・・

千葉 2-4 北海道 今日はいつものマリーンズにしては話題が多かったです。 ブラゼル獲得かぁ。 年俸が安いしジョシュの復帰が不透明なのでその辺を考えるとアリだけど、なーんかフロントが 「監督が補強を要望しているけど、お金ないし・・・ラミちゃんもマニーも高いし・・・安いブラゼルを獲って格好をつけよう。安いし!」 みたいな感じが否めないのは僕だけでしょうか・・・ 引き続き右の大砲を探して欲しいです。 この部分はおそらく来年になっても出てくる問題なので、ある意味今年間に合わなくても、しっかり根をはった調査を求めたい。 サトはやっぱりキャッチングはいいですね。江村はもとより、川本と比べてもうまいわ。 試合途中、中田翔選手の試合前談話で「江村のほうが対戦が少ない分わかりにくい」という話も出ましたが、それでもどちらがアウトと言う答えを導きやすいかはやっぱり経験がモノをいいますからね。 サト、おかえり。ここから頑張っていこう。 前のお話があまり長くなかったのもこの人のためです。 成瀬 先週も結構な辛口コメントをしましたが、全く直ってなかったですね。 試合前日は「里崎さんは僕の良いところを引き出してくれる」的コメントを出してましたが、引き出す以前の状態でした。 毎年思うんですが、マリーンズって前半の貯金でシーズンの帳尻を合わせる選手が多くないか? 井口は有名だけど、成瀬も毎年この時期まで最多勝とかの名前が出ていて、終わってみると貯金なし。 イニングは投げていても、それだけじゃやっぱりまずいだろう。 先週もトップバッター?の荒木選手にけっこうやられ、今日も陽選手にやられっぱなし。 その後も不用意な四球から追加点 で被弾 成瀬はこれを毎回「悔しい」的コメントをしているが修正できていない。 セットから投げるわけでもない。いつもと違う変化球を投げるわけでもない(これはサトがサイン出さないんだが) 成瀬は球種を増やさず、自分の持ち球を磨く事で戦うようだが、それにしては不用意すぎることが多い。 ソロだから良いのか。 イニングを投げているから良いのか。 で、成瀬と同様なタイプと比べて、成瀬はホントに顔に出す。 くびを傾げたり、険しい顔をしてみたり。 今戦っている、ファイターズの武田勝投手と比べてみるとその差は歴然。 成瀬が進むべき方向は成瀬が決めるべきだけど、その方向が少しずれているように思います。 もし、フロントがお金を持っているなら、頑張ってエース級のピッチャーをオフに獲って欲しい。 彼は伸びるべき時に見習う先輩が少なかった。 直行がかろうじて成績出していたが、ヒロユキはスランプ中。俊介はさすがにタイプが違いすぎるし。実際彼らのタイプはシーズンを投げぬく事を大事にしているタイプで、貯金を作るの事ができてなかった(一年とかは出来たけど)。 このままだと、「なんとなくのエース」で終わってしまう。 唐川もだけど、ある意味二人をたたき起こす事ができるエースクラスを見つけてくるのは必要かもしれない。 それ位、成瀬も唐川も頭打ちになってる。 そして打つほうは・・・ 今日に限らず、角中はやっぱり2番は・・・ 今日は吉川投手降板後の鍵屋投手の初球を打ち上げました。 ここでの無得点はかなりダメージがありました。 初球を打つのは良いけど、明らかにタイミングが取れていないボールを無理して打つことあるのかな。もちろんカウント1-1からの交代は難しい打席だったろうけど。あそこは初球位は空振りしても良いくらいにしておくべきじゃないかな。 あそこだけに限らず、角中の2番は本人のためにはなっても犠牲も大きいし、実際向いているかと言うと疑問だと思います。 というのも根元とのセットで組まれるからです。 根元も自分のタイミングで打ってしまうタイプ。 何も指示がなければ二人とも初球から振る方だと思います。うまくはまればビッグイニングを作れますが、逆に出るとピッチャーのリズムを作ってしまうし、これに9番清田とかになったら、淡白化が加速してしまう。 打線はアクセントがあったほうがいいと思う僕は、根元と井口の間は今なら荻野か伊志嶺のほうが投げるほうはめんどくさいと思います。 6番当たりに置けば、チャンスでの打席も増えるし、チャンスを作る側での打席にもなる。7番に大地がいるので何でもできる。そうなるとサトの打席が活きるし歩かされても、次は俊足系が打席なのでまた仕掛けやすい。 まぁこれは一例ですが、僕はそんな風に考えます。 今日からリーグ再開したわけですが、正直不安しか感じない、初戦でした。 明日は西野。 相手は木佐貫投手かぁ・・・最近すごいんだよな・・・ なんなら雨雲を・・・って気分です。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by YUKI
  • 2013/06/22 20:01

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(3)

ブラゼル→サト→成瀬・・・

 >「里崎さんは僕の良いところを引き出してくれる」を出してましたが、引き出す以前の状態でした。

 引き出す云々以前にこんな受け身で他人(捕手)任せのような発言、エースとしてどうなんでしょうね。
自分自身が自分で考えて良いところを引き出せないのか?と思う。
自分の良いところは自分で引き出せよって思いますけど。

posted by ochan
コメント投稿者ID:OOH00023520
2013/06/23 06:56
コメント支持(0)

ブラゼル→サト→成瀬・・・

シーズンを投げ抜くって
そんな軽い事ですかね?
(管理人さんの言い回しから軽い事と受け取りました)

とても重要なファクターだと思うのですが
唐川投手はそれも出来ていないので

成瀬投手の場合、今年の開幕戦でのアクシデント以外
離脱というのがいつだったか思い出せないぐらいですし
これって他球団のエースと比べても
他にない長所だと思うのです

成瀬投手がローテーションで投げているのが当たり前過ぎて
忘れがちですが
マー君でも前田健太投手でも杉内投手でも
近年、ケガでの離脱はありますからね。

そしてエース級の投手補強というのが
誰の事を言っているのか分かりませんが無理でしょう。
成瀬投手より上の投手と考えても
複数年契約に3億~4億
とても現実的ではありません。

エースレベルの投手の相場って
必要以上に高くなりますし

むしろ成瀬投手がFA権を取得したら
移籍するだろうな普通は
(ロッテ球団より絶対条件は上なのは確実でしょうし)

FA権取得したのに残留なら
成瀬投手が愛着とか言って残ってくれるぐらいかな
でも普通のプロはお金は選択の重要な要素ですしね。

成瀬投手はいなくなってこそ
その偉大さを改めて感じる投手かもしれません。

僕は根元選手、角中選手の1、2番は良いと思います。
これは打線の流れとして

この2人は初球打つ事もあれど
マリーンズの中ではファールが打てますからね。
粘りの打撃をしてくれるのがマリーンズの他選手より多いので

これが結局、相手投手にボディーブローの効果
そして終盤の逆転勝利に繋がっていると考えていますし

だからこそ伊東監督も
この1、2番には信頼が強い言い方もしているのかなと

荻野貴選手は初球ポップフライが多いですし
(しかもボール球打っての)
でも荻野貴選手はそれでよくヒットが出て
結果を出しているのでOKなのですが
これは6番打者だからこその打撃スタイルかなとも思います。

伊志嶺選手は上位を打つには
もう少し打力をつけるか
今の1、2番のように粘りがないと厳しいかなと
あとはバントの下手さをどうにかしないとね。

長文失礼いたしました。

posted by マットゥン
コメント投稿者ID:mattwun85
2013/06/23 08:30
コメント支持(0)

ブラゼル→サト→成瀬・・・

今の成瀬の体格ってどうなんですかね。前にもまして太ってきた
ような・・・。
これは個人的な意見なのですが、「エース成瀬」は「各球団には
必ずエースがいる」という考えがあって「じゃあロッテのエースは
成瀬かな」てな感じで選ばれたイメージなんですよ。
もちろん彼の実績は今いる面子の中では断トツです。毎年の2ケタ
勝利&200イニング近い投球回数、そして07年の鮮烈なイメージ
ロッテの投手事情が彼を中心に回っていることは確かです。
でも成瀬投手がいわゆる「エース」なのかと考えると、自分は?と
なってしまう。素人なので技術的なことはわかりませんが、タイプが
違うのでは思ってしまう。だから管理人さんの「なんとなくエース」
という表現に凄く共感しました。
これは成瀬を評価するしないとかいう話では無くて、そもそも成瀬
というキャラが、エースに向いているのかという疑問なのです。
結局、成瀬が「ロッテのエース」になっている最大の要因は
05年の面子以降、まともに先発ローテとして複数年機能した
選手が成瀬しかいないという状況なんじゃないでしょうか。
何となくですが、本来成瀬がいるべき位置は、他球団でいうと
中日の山本昌投手のような「永遠の2番手」ポジションなのかな
と思います。
もし成瀬の苦しそうな表情が「こんなはずでは」的意味合いのもの
だとしたら、あまり「エース」に拘らないで欲しいなと。
まずは自分の持ち味を、もう一度見直して欲しいなと思います。
・・・何かとっ散らかった内容のコメントになってしまいました。
申し訳ないです。長々と失礼しました。


posted by uruoo
コメント投稿者ID:IXI00032486
2013/06/23 10:28
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック