鴎道を行く!

今江の評価

前回のコメントのお返事 鞠子さま いつもありがとうございます。 雅彦は確かにあの激戦の参加者です。確かレギュラーキャッチャーの歯が折れたんじゃないかと・・・(違ってたらごめんなさい) 当時はこういう試練を経ていいキャッチャーになるんだなぁって思いましたが・・・ 雅彦も頑張れよ。。 ありがとうございました。またお待ちしてます。 今江がFAに関して、コメントが出ました。 他球団の評価も聞いてみたいというのが本音とのこと。 今江の胸中は移籍にあるのか残留かはわかりませんが、確かに自分が積み上げたものに対して、他の球団に聞いてみたいとは誰もが思うでしょうね。 個人的に今江を僕は買ってます。 確かに今年彼は打てなかった。打撃成績だけを見ていけば、大地の成長次第でなんて言う人もいますが、僕はそこには随分と差があるように思います。 その評価の厳しさが今江の評価であると思います。 彼は見方によっては淡白に見えるってゆーか淡白なバッターだ。 ホントタイミングずれたら終わりかい!!っていう感じでもある。 数字の話で行けば今年の今江は最低に近いものでしょう。 でも、もし大地、高濱が同様の成績なら、最低とは言われない。 つまり、まだそこまで見られてないということでもあります。 そりゃ、年俸が違いますが・・・ でも試合になれば関係ない。だから今江が残した成績の最低戦が他の選手の合格ラインともいえるくらい差があると思ってます。 これだけ書いて言うのもなんですが、今江の本当の値打ちは僕は守備にあると思ってます。 特にフライの処理。 ゴロの処理が得意なサードは結構います。でも今江はフライが確実。 あのマリンの風で毎年内野のフライのエラーを見ますが、今江がフライのミスをしたのを見た記憶がない。 ファウルグランドに飛んでも、しっかりものにしている。 これは意外に難しいんじゃないかなって思ってます。マリーンズ内野陣のポロポロ根元はもちろん、井口や福浦でもなかなか読みきれない場面がある中、今江はしっかり取っているんですよね。 たかがフライ。でもマリンでやるチームにはどのチームも向き合わなきゃいけない課題をこなせているのは大きいし。仮にミスした場合、たとえ1塁止まりでも、たとえ打ち直しでもピッチャーに対するストレスは半端ないです。甲子園ですが今年井口が落球してからゲームが壊れたのはその最たる例だと思います。 キャプテンシーがないという声も聞きますが、それはゲーム中声をかけているかどうかという観点に対しての事が多いと思います。僕も確かにもう少し行ったら?って思いましたが、それも一つの観点。他チームでも行かない人は行きません。 何より、マリーンズのユニフォームが似合うんだから、これ以上の評価はないでしょう。 今江の人生だから、わかりませんが、来年もホットコーナーを守っている事を信じてます。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by YUKI
  • 2012/10/28 23:02

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

Re:今江の評価

仰る通り守備の安定感は半端ないですよね。フライについて触れられましたが、逆に言えばマリンだからそのフライ処理が出来るわけで、ロッテだからこそ評価されるところ。ロッテでしか発揮できない力もあるだろうし、そこもよく考えて決断して欲しいですね。

posted by pacho
コメント投稿者ID:pacho
2012/10/29 10:12
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック

10/29のおすすめ