男子新体操情報ブログ

【大会レポート】SASAKICUP第15回新体操ユース、第8回男子新体操団体選手権

第15回(男子としては10回目)となるSASAKICUP全日本新体操ユースチャンピオンシップの男子個人総合を制したのは、埼玉栄高等学校の田中啓介選手。田中選手は本年3月愛媛県で開催された全国高校選抜大会でも個人総合優勝しており、本年2冠の達成となった。  持ち前の長身を生かし、一つ一つの動作や技を丁寧にかつ、非常に大きく演技し、種目によっては、若干のミスや乱れはあったものの、総合得点で青森山田高等学校の吉田和真選手に0.275上回り初優勝を果たした。

 準優勝の吉田和真選手(青森山田高等学校)、3位の佐久本和夢選手(同)は、転回技での手具操作の工夫なやスピードの変化を多彩に取り入れ、曲との同調性を含め4位以下に差をつけてのメダリストとなった。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by 男子新体操委員会
  • 2017/05/15 19:04

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック