男子新体操情報ブログ

第70回全日本新体操選手権大会(男子レポート)

大会成績についてはこちら

第70回全日本選手権大会は10月27日(金)~29日(日)の3日間、千葉ポートアリーナで開催、個人38名、団体16チームで日本一を競った。

<個人総合> 3種目を終えた時点で東日本インカレ覇者の永井直也選手(青森大学)、西日本インカレ覇者の小川晃平選手(花園大学)、前年度全日本覇者の臼井優華選手(大垣共立銀行OKB体操クラブ)が0.15点の僅差で競い合う近年稀にみる好勝負、最後まで誰が勝つかわからない展開で最終種目を迎えた。3名それぞれが違う個性を持った選手でジュニア時代からのライバル。最後に勝負を制したのは、研ぎ澄まされた演技をミスなく演じきった永井直也選手。初めて全日本のタイトルを手にした。

優勝した永井選手は、しなやかで美しい動きと独創的な構成内容で、熱烈なファンが多い選手である。しかしながら、今まではその個性が新体操の枠に収まりきらず、得点が伸びず勝ちきれずにいた。ところが今大会の永井選手は、自らの魅力を新体操としての演技の中にしっかりと詰め込み、見るものすべてを圧倒する表現力豊かな演技を披露した。身体の先まで神経の行き届いた運動や可動域の広さ、独特でありながら繊細な手具操作、美しさを極限まで追い求めた演技内容はチャンピオンにふさわしい内容であった。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 男子新体操委員会
  • 2017/10/31 17:43

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック