change-the-flow

モンテカルロMS ベスト16の激突

モンテカルロMS、マレーの初戦は過去5戦無敗のミュラーと対戦し、7ー5、7ー5とストレート勝利しました。

以前の強いマレーの姿ではなく、苦戦したとの表現が一般的には正確なのかもしれません。第1セット、第2セットも先にはブレイクを奪ったのはミュラーであり、マレーが追う展開ではありました。 そもそも、マレーはクレーを得意とはしていなかったものの、2016年シーズンはマドリード、ローマ、全仏と決勝進出しています。

手首の故障明けの大会であり、まず確認したのは1st速度でした。最高速度は198kmでした。立ち上がりは不安な安定感のないマレーでした。フォアハンドが浅く入ります。深くコントロールしょうとはするのですが、バックアウトします。バックハンドのロングが目立ちました。ウイナー数とUE数は、第1セット12ー14、第2セット16ー7でした。

驚異的なテニスを見せつけているフェデラーは別格です。2016年シーズン全豪後に膝の内視鏡手術を受けたにも拘らずWB等、フェデラーのテニスを当たり前にやって抜けていました。マレーは腰の怪我で不調、12位までランキングを落としました。ナダルも怪我からの復調には時間がかかりました。今回のマレーの怪我の程度は分かりませんが、以前のマレーの強さを期待するのは我儘かもしれません。

気になっのはドロップショットの多さです。普段はそんなに使用しないマレーですが、この試合多用します。しかも、よく決まります。戦略なのか手首の影響なのかと考えてしまいます。ショットは立ち上がりは浅かったのですが徐々に対応してきます。第1セット中盤以降はマレーの振り抜くようなフォアハンドが深く、またはコースにコントロールされていきます。これをみて安心しました。第2セットのウイナー数は16とマレーにとっても多い方です。強打する訳ではなく、コースを丁寧に抜いていきます。サービス速度が出ないのはクレーだからなのか、無理していないのか今後の内容を確認したいと思います。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by jigyakuteki
  • 2017/04/20 16:50

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

「モンテカルロMS ベスト16の激突」へのコメント

まさか、マレーが負けるとは、、
ジョコビッチも3Rは随分良くなって来たと思いましたが、初戦はボールが浅く入ったり、バックアウトしたりで、本来のジョコビッチではありませんでした。

これで、トップハーフはマレー、ワウリンカが居なくなり、チリッチかプイユが決勝まで行きそうです。
ボトムは、ジョコビッチ、ナダル、ゴフィン。
クレーコートですから、プイユ辺りが、大きなインパクトを見せそうな気がします。
それにしても、錦織選手もこの大会に出て欲しいと思いませんか?
まぁ、今年は長めの休みを取れて良かったと思いますが、、

posted by ukk_chu_ren
コメント投稿者ID:ukk_chu_ren
2017/04/21 09:02
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック