change-the-flow

答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017

全仏オープン2017がいよいよ開催されます。 GSでは全豪に続き2大会目、MSはIW、マイアミ、モンテカルロ、マドリード、ローマと5大会が終了し主要大会で考えると中間点と言えます。ここでツアーの状況と展望をみていきます。

失効後のポイントで遂にランキング1位が10,000ポイントを切ることになりました。 マレーは今季ドバイで1勝しているものの、全豪では4回戦敗退、IWは初戦敗退、モンテカルロは初戦敗退、マドリードは3回戦敗退、ローマは初戦敗退とここまでらしさのない、強さを見せつけることが出来ないランキング1位の現状です。マレーとともに2016年シーズントップ争いをしたジョコビッチもローマでは決勝進出したものの5,445ポイントと遂に第2集団に吸収された形です。

ここにきて、次なるランキング1位の話題が気になってきました。マレーはWBの2,000ポイント失効が待っています。ナダルが全仏を勝利すると7,285ポイントとなり、WBの失効を考えるとマレーは7,170+全仏ポイントとなります。こんなに早くもマレーの1位陥落の危機がやってくるとは想像もしていませんでした。ナダルは2014年6月23日以来の1位返り咲きを射程に収めることになりました。 レースランキングでもナダルが4,915ポイントとフェデラーの4,045ポイントを捉えて首位に立っています。全仏欠場のフェデラーを考えると更に引き離しにかかりたいところでしょう。ナダルはモンテカルロ、バルセロナ、マドリードと3大会連続優勝をし、ローマでは今季3回目の対戦となったティエムにQFで敗退したものの、ここまでクレー16連勝でした。6月3日で31歳になろうとする流石のナダルにも休養が必要です。ローランギャロス10勝目の優勝に向け余念はないでしょう。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by jigyakuteki
  • 2017/05/28 17:45

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(12)

答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017

できねーな全仏制覇は
ベスト8でサプライズレベル

posted by ポンコツ
コメント投稿者ID:TCE00077727
2017/05/28 19:16
コメント支持(5)

「答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017」へのコメント

ポンコツさん

ご意見ありがとうございます。
あるブックメーカーのオッズでは7番目なので、ベスト8ほどでしょうか。今季の錦織をみる限り、客観的にみる限りには妥当なご意見と思います。しかし、我々ファンは錦織の上限を知っています。まずは、一戦一戦勝ち上がることですね。初戦の錦織を確認したいと思います。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2017/05/29 11:30
コメント支持(3)

答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017

クレーだと早い攻めは難しい(ナダル相手にそれをやってのけたティエムが驚異的)し、必然的にストロークの精度と我慢の勝負になるんだけど、ジュネーブオープンを見ると…S&Vスタイルのミーシャにストロークで普通に打ち負けたりしてるので、もう1・2段階くらい調子を上げないと厳しいな。

ドローはtop10の中じゃ最高のドローを引いてるから、これで取れないようだといよいよBIG4とニュージェネの谷間世代に見えちゃうからなんとかしてほしいけど。

posted by うん
コメント投稿者ID:TCE00076403
2017/05/28 21:44
コメント支持(1)

「答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017」へのコメント

うんさん

いつも、ご意見、鋭角のコメント等、ありがとうございます。未熟者なもので、お手柔らかにお願いいたします。率直なご意見は、有難く頂戴しています。

おっしゃる通り、打ち負けてはならないと思います。最も重要なファクターだと思います。深さと相手の弱みをつくことが大切と思います。これが今回全仏の成否を分けると思います。逆にこれが出来れば期待はもてると思います。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2017/05/29 11:46
コメント支持(1)

「答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017」へのコメント

うーん、錦織が今の地位まで来れたのって早い攻め、展開、アグレッシブさが大きいと思うんですよね。ミスをしないでウィナーをとる、これも一つの選択肢です。が、それでミスを減らすことを意識することでテニスが小さくなる、本来のプレーが出来なくては本末転倒ではないですか?自身の持ち味、スタイルを消して今までとスタイルを変えて付け焼き刃で勝てるほど甘くはないと思うんですよ。

比較されている選手たちですが、彼らはクレーではコートの後ろに下がって守備的に組み立てることが多いです。それと比べるとベースライン付近をキープして戦う錦織にUEが増えるのも多少仕方ない部分があります。

エラーマシーンと化すことはもちろん避けるべきですが、UEを抑えることが第1になるのはなぁって感じです。

錦織の武器は早さやバックのDTLなどでしょうかね。ほかの選手にはない武器です。

ジュネーブ、全仏前の調整としては良かったですよ。ククシュキン相手に文句のない完勝、アンダーソン相手に1セットこそ良くない点が多かったですが崖っぷちからの生還。久々に上限値の高さを感じる試合を見た気がします。ミーシャ戦は恐らく想定よりネットプレーを抑えられたことのギャップもあったでしょうが相手の繋ぎがより丁寧でした。ここにピークを持ってくるわけでなく良い調整ができたんじゃないですかね。きっと思ってるより今の錦織は悪くないですよ。ドローも久々に初戦が良く、マレーやワウリンカがどこまで上げてくるかによりますが決勝まで見えなくないので期待したいですね。

posted by tomy
コメント投稿者ID:TCE00072107
2017/05/28 21:52
コメント支持(14)

「答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017」へのコメント

tomyさん

以前頂いたご意見に真っ向から反する内容であり、申し訳なく思っています。

このUEを減らす議論は、以前よりこのブログでも多くのご意見を頂いております。その都度データ分析等を提示させて頂きました。確かにミスを減らすということは消極的なテニスをイメージしがちですが、私が言うところは異なります。近いイメージは全米マレー戦等です。この試合はバックハンドからフォアハンド中心としたテニスに中途より戦略の変更をしました。バックハンドのストレートと振り切るフォアハンドでFEを取りにいったのです。この試合のイメージです。ウイナーをとるのではなく、50cm内側にコントロールする。マレー戦ではもっと内側でFEをとれていました。ショットの切れです。クレーでもFE狙いでもよいのではないかと思うのです。クレーでは切れではFEをとるのは難しいと思うので展開力かなぁと思っています。ペースを譲った展開と錦織のペースでの展開ではUE数に差がでると思います。いかに優位にアグレッシブにリズムある展開に引き込むことができるかが鍵と思っています。

ジュネーブの状況については観戦していないだけに、有難いです。上限を感じることができたとは、この上ない情報です。錦織自身が感じ取りたいところであったと推測します。一戦一戦勝ち上がり、徐々にピークを合わせていくことを期待します。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2017/05/29 15:30
コメント支持(1)

答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017

錦織はこの全仏でナダルに勝てるか。正直勝てると願望抜きに真面目に思っている人って
どれくらいいるのでしょうか。

posted by ravegood
コメント投稿者ID:ravegood
2017/05/29 01:23
コメント支持(0)

「答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017」へのコメント

ravegoodさん

ケルバー、初戦敗退してしまいましたね。奮起を期待します。
この全仏でナダルに勝てるか、と言うことは、決勝進出を前提ですね。まずは、一戦一戦の勝ち上がることを期待しますが、錦織が決勝に勝ち上がることが出来る状態であれば、マドリード以来のファイナル決戦であり、全くわからないと思います。真面目にです。
コメント、ありがとうございます

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2017/05/29 15:54
コメント支持(1)

答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017

いつもChange-the-flowさんの記事興味深く読ませてもらってます。
他でとてもいい加減な内容のブログがあり、尚更安心感があります。
これからも、頑張って投稿してください。

さて錦織選手ですがGeneveのBEST4での敗退は全く危惧していません。
そもそも全仏の前週に出て体力と精神力(錦織選手はこの精神力が重要と考えてます)を消耗するのはどうかと思ってましたが、良い意味で調整的なプレイをしたのでは思われます。
今週から始まった全仏ですが、ドロー的には悪くないかと思ってます。
ズベレブは難敵ですが、頑張ってほしいです。でも全仏でのフランス人ツォンガよりは総合的にはやりやすいのではないかと。
個人的には1stサービスの確立に注目しています。コントロール重視でサービスを入れて有利な展開に持っていく、サービスゲームキープが簡単にできればリターンに集中でき精神面の消耗を防げるため、特に四大大会の様な長丁場では重要なファクター可と考えてます。
全仏では期待されていない雰囲気がありますが、徐々に調子を上げている様子なので、こういう時こそやってくれる!のではと密かに期待しているので頑張って応援していきます。

では、これからも記事楽しみにしています。よろしくお願いします。

posted by fuku
コメント投稿者ID:TCE00077606
2017/05/29 14:52
コメント支持(2)

「答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017」へのコメント

fukuさん

コメント、ありがとうございます。
ドローは確かに悪くないと思います。ズベレフですが、ローマを勝利し優勝候補の一角にあげられていますが、初戦のベルダスコ、好調クエバスも気を抜けない相手です。錦織も一戦一戦が勝負です。いつもGS第1週は恐怖心、緊張感に包まれています。
1st確率については、あまり触れないのですが、大変重要です。Geneve、M・ズベレフ戦ではセット毎に低下していったのが気になりました。おっしゃる通り、まずは確実にサービスゲームをキープすることですね。
錦織のこの大会にかける想いは、強いものがあると思うのですよ、ほんとに、ローランギャロスには魔物が住んでいるので、何が起きるか分かりませんから、期待というか、応援しましょう、共に。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2017/05/29 19:33
コメント支持(1)

「答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017」へのコメント

初めて投稿します。
いつも楽しみに読ませていただいてありがとうございます。
テニスとは関係ないところで気になったことがありましてお聞きします。

答えは"No"とされていますが、意味が分かりかねます。
change-the-flow様としては優勝できると思っているのか、もしくは期待できないと思っているのか…

英語ではYes/Noはいかなる質問でも意味は肯定/否定で変わりません。
「できないのか?」のような否定疑問系でもNoとなれば「できない」という意味になります。

ブログ主様が錦織選手が優勝「できる」と言いたいのであれば最後の文面は"Yes"とすべきです。

posted by kanpanman
コメント投稿者ID:TCE00077755
2017/05/30 17:09
コメント支持(1)

「答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017」へのコメント

kanpanmanさん

なるほどですね。勉強になります。

完全和文二重否定で申し上げますと、

錦織の全仏初制覇はなくはないです。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2017/06/01 12:46
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック