change-the-flow

フェデラー芝の聖地で11回目の決勝へ チリッチの攻撃的テニスを阻止できるか ウインブルドン2017

テニスの聖地ウインブルドンにはドラマが待っていました。まさか、1年前のこの時点でこの状況を、この決勝のカードが実現するとは予想もできませんでした。いつも思います。一戦一戦、選手たちは必死に闘っています。その瞬間・瞬間にベストを尽くし、思い悩み、苦悩の中で闘っているはずです。しかし、結果は思うようにはいきません。しかし、その一戦が瞬間が大切なのであり見とどけていきたいと思うのです。

決勝のカードはフェデラーとチリッチとなりました。もしやと思っていたカードが実現しました。 フェデラーが昨シーズンに至るまで最後にGS優勝したのは2012年のウインブルドンでした。それ以降は2013年は怪我もあり主要大会は1勝もできず、2014年はMSで得意とするシンシナティ、上海で2勝、2015年はシンシナティで1勝(2014年、2015年はWB決勝進出)、2016年は怪我との闘いとなりました。昨年のウインブルドンではQFでチリッチを神がかった逆転勝利、SFでラオニッチに敗退、その試合で転倒しその後休養しました。この時点で強いフェデラーが帰ってくるとは、GSを再びとることができると信じていた方は多くはいなかったでしょう。しかし、フェデラーは完全復活をとげて戻ってきたのでした。普通では考えにくい出来事です。2016年、フェデラーは全豪後に左半月板を損傷し内視鏡手術を受け2月あまりで復帰、そしてあのウインブルドン大会の執念の闘いを見せてくれたのです。そして、今シーズンの活躍も神がかった復活と呼んでよいでしょう。35歳のフェデラーは更なる強さを再装備して戻ってきました。この強さの要因はバックハンドにあると思います。フェデラーの唯一の弱点はバックハンドといわれ球を集められました。フェデラーは単なる休息をとっていたわけではないのです。フェデラーは今シーズンにはいり全豪、IW、マイアミを連勝しクレーシーズンは全仏も含め欠場しました。そしてこのウインブルドンに照準を合わせて調整してきました。しかし、簡単ではないと思っていました。早い段階での敗退もあるのではないかと覚悟していました。しかし、この男は凄いです。決勝まで勝ち上がってきました。執念でしょう。執念と言えば昨年のチリッチ戦とラオニッチ戦です。フェデラーは昨年も頂点を目指して、残りすくない選手生活の全てをかけて闘い抜いたのだと思います。これらの試合があったからこそ、今ここにまたたどり着くことができたのだと思っています。きっとフェデラーにとって別格の存在、テニスの聖地ウインブルドンなのでしょう。単なるウインブルドンの決勝ではなく、その重みを噛みしめてその時を迎えたいと思います。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by jigyakuteki
  • 2017/07/16 03:09

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック