change-the-flow

NO1とツアー・ファイナル出場権とシード32争いの行方 フェデラーとデルポトロの今季第4戦

スイス・インドアのSFで、第4シードのデルポトロが第2シードのチリッチを6ー4、6ー4のストレート勝利、第2試合では第1シードのフェデラーが第3シードのゴファンに6ー1、6ー2のストレート勝利とし、決勝のカードはフェデラーとデルポトロとの対戦となりました。

両者の対戦成績はフェデラーの17勝6敗、今季では3回の対戦でフェデラーの2勝1敗、1敗は全米QFです。フェデラーとしてはNO1への望みをかけた一戦であり、デルポトロとしてはツアー・ファイナルへ望みをかけた一戦であり、両者ともに負けられない闘いとなります。

フェデラーが勝利すれば9005ポイントとなり、10465ポイントのナダルに1460ポイント差となります。デルポトロが勝利すれば2615ポイントとなり、レースランキング9位のカレノブスタの2605ポイントを上回り2615ポイントとなりツアー・ファイナル出場可能性を現実的なものとします。(負けた場合は190ポイント差、前記事の170ポイント差は誤りでした。申し訳ございません)フェデラーに敗退したゴファンは2885ポイントとなりレースランキング9位で2605ポイントのカレノブスタに280ポイント差とし初のツアー・ファイナル出場(補欠除く)に大きく前進することになります。 デルポトロはチリッチとの対戦成績を11勝2敗とし2012年以降の8連連勝となります。この試合のウイナー数とUE数はデルポトロの12ー15、チリッチの21ー31でした。チリッチとしては早い攻撃により攻めかつ必要がありましたがミスがでます。デルポトロもミス誘発でチリッチのバックハンド側へとスライス等を集めます。チリッチはサービスゲームをキープしたいところですが1st確率は42%と低く、サービスポイントを決め、精度の高いフォアハンドを決めていく強い時のチリッチではありませんでした。 フェデラーはゴファンとの対戦成績を6戦全勝と伸ばしました。ゴファンは弱点らしい弱点はありませんが、このゴファンに対してフェデラーは時間を与えない攻撃と左右に振る早い攻撃的なテニスで圧倒します。ポイントの内訳(ウイナー数+相手のFE数+相手のUE数)は次の通りです。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by jigyakuteki
  • 2017/10/29 13:15

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

NO1とツアー・ファイナル出場権とシード32争いの行方 フェデラーとデルポトロの今季第4戦

フェデラー対デルポトロ戦、今日はどんな展開になるのでしょうね。本当に楽しみですね。また杉田選手には頑張って勝ち上がって、点数を稼げたら!!と思います。

posted by みみ
コメント投稿者ID:TCE00076883
2017/10/29 16:35
コメント支持(1)

NO1とツアー・ファイナル出場権とシード32争いの行方 フェデラーとデルポトロの今季第4戦

みみさん

いよいよ始まりますね。本当に楽しみな一戦です。相当に集中してこの一戦を観戦したいと思います。杉田はかなり厳しい状況ではありますが最後まで諦めずに頑張って欲しいと思います。
コメントありがとうございます。嬉しく思っています。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2017/10/29 22:51
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック