change-the-flow

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

あれから1年、錦織は今どこにいるのか。あの敗戦の二日後、錦織はブラントンのIMGアカデミーのジムで一人自分を追い込みながら、右肘手術をした19歳の辛い時の想いに重ねていたのでした。今シーズン、一歩一歩進化を遂げ近づいてきたよう思えていました。カナダMS、リオ五輪では2強による洗礼を浴びます。力の差を感じさせられます。しかし、錦織は背を向けず堂々と闘い抜いてきました。左脇腹を痛め「筋肉が切れてもいいから」と闘ったウインブルドン、出場さえ疑問視されたカナダMSの決勝進出、国を背負いポイントのないリオ五輪の銅メダル、3回戦敗退となったシンシナティMS。ジョコビッチはシンシナティMS、マレーはカナダMS、ナダルはリオ五輪からの再出発、ワウリンカ、ラオニッチはリオ五輪欠場。錦織は一人、目の前の利益を追い求めることなく、織り込み済みの覚悟を抱きここまで辿りついたのです。そしていよいよ始まります。錦織にとって26歳最後のグランドスラム。諦めない気持ち、決死の覚悟をもって、錦織はここからまた這い上がっていくのです。

まずは、2016年シーズンのこれまでの錦織の主要大会戦績を見てみます。( )は敗戦相手。

<グランドスラム> 全豪    :QF   (ジョコビッチ) 全仏 :4回戦  (ガスケ) WB :4回戦  (チリッチ)

8ページ中1ページ目を表示

  • posted by jigyakuteki
  • 2016/08/28 16:08

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(15)

「錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016」へのコメント

流石です、見入りました。
もう電話でこの文そのまま錦織圭に伝えてやりたいです。
いつも更新ありがとうございます。

posted by ツバメ
コメント投稿者ID:TCE00073689
2016/08/28 18:06
コメント支持(1)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

ツバメさん

コメントありがとうございます。
陣営はこれくらいの内容は既に分析済みだと思いますし、タイトルが誇張しすぎていますが気付いていますよ。WOWOWでのマイケル・チャンのコメント「強いメンタルがつけば、Keiの時代がやってくる」その通りだと思いました。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2016/08/29 03:04
コメント支持(1)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

マレーは今年のウィンブルドンでGS3勝目ですね。
2勝目ではないです。

posted by r-tennis-f
コメント投稿者ID:r-tennis-f
2016/08/29 00:26
コメント支持(3)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

ご指摘、ありがとうございます。訂正致しました。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2016/08/29 02:53
コメント支持(0)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

いつも興味深く拝見してます。素晴らしい分析記事ですね。

ただ個人的に気になるところがあるのですが、どの試合においてもUEの数(W-UE数)がキーになるのは間違いないと思うのですが、「UEを減らす事を第一義とするテニスでジョコやマレーに勝てるのか?良い勝負ができるのだろうか?」という疑問です。言い換えれば「シコラーが何度ジョコやマレーに勝ったことがあるのか?」ということです。
無難にラリーをしていても浅くなったところを攻められたり、相手がミスをしないのでこちらが先にミスをしてしまう失点パターンはよくあります。逆にジョコやマレーに完勝するパターンは先日のチリッチや昨年全仏のワウリンカのようにリスクテイカーが"結果的に"UEを少なくできたケースだと思うんです。

結局の所ディフェンス力とストローク精度の総合力で劣る方がより多くリスクを取らないといけないのがテニスだと思うのです。それを裏付けていると思うのがマレーの対ジョコ戦のW:UE比です。(今年のGSでは全豪がW40-UE65、全仏がW23-UE39です)ジョコ戦に限ってマレーのスタッツはまるで別人のものとなってます。

現状の錦織はディフェンス力、ストローク精度ともにTOP2に及びません。両カテゴリーともに余裕でトップ10には入ってると思いますが、いかんせんトップ2が・・・
ですのでUEを減らす事を目的としてはジョコ、マレー相手にはジリ貧にしかならないと思います。
これは試合を通してみた考えなので、試合中に戦術的にリスクの緩急を付けることは当然必要だと思います。

長々と失礼しました。

posted by motocolts
コメント投稿者ID:motocolts
2016/08/29 00:48
コメント支持(26)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

motocoltsさん

コメントありがとうございます。
「ミスをなくし、先に攻めよ」を主テーマとして記していましたが、消しました。あまりにも言うのは簡単というイメージになるのではないかと止めました。タイトルにあげました様に、ビッグ4に勝つにはどうしたらよいかを記事にさせて頂きました。
UE数を5だとか少なくとも10未満である、フェデラーが、ナダルが、ジョコビッチが、マレーが、攻撃的なテニスではないのでしょうか。このビッグ4を打破するためには、より攻撃的に展開し、UE数を減らさなければ勝つ事はできません。錦織の攻撃力はビッグ4に劣ってはいないと思いますが、錦織のミスには特質があり、そこを攻められミスを誘発されているのです。錦織のUE数減少は絶対的課題です。減らさなければビッグ4には勝てないと考えています。リオ五輪のナダル戦はイメージに近いですね。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2016/08/29 06:00
コメント支持(2)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

そろそろ気づけって……
錦織陣営はとっくにそんなこと分かってますし、課題をクリアするための努力も重ねているはずですよ。
もう少しタイトルの煽りを考えるべきではないかと思います。
人によっては痛々しさする感じてしまうのではないでしょうか。

posted by chgnw031
コメント投稿者ID:TCE00072561
2016/08/29 08:29
コメント支持(50)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

う~む、おっしゃってる内容はまぁ確かにそうなんでしょうけど、ちょっとタイトルが敬意を失している気がしますね。

ただ、チリッチやデルポと違って錦織君は「球威」でジョコビッチ・マレーを押し込むタイプではないので、彼らのギアを上げさせる(打ち合いに持ち込む)作戦として「ミスを減らす」では不足なんじゃないですかね?確かに彼らは序盤「ミス誘発型」ですけど、そこで単に「FEしない」プレーでは一瞬の甘い球で噛み付いてきますから。大砲ではなくライフル型なので1発当たっても相手は下がりません、速射連発で押し込む今のスタイルなんだと思います。手数は多いけど威力がそれほどないアウトボクサータイプとでも言いましょうか。

確かにこのスタイルでフットワークが衰えてきたらもっと苦しくなるでしょう。でも今から威力を付けるのも難しい(体格的にも)だろうし、生命線のクイックネスを損ないかねません。でもこういったタイプのプレーヤーがその時代に1人存在するってだけでも意味あると思いませんか(笑)。今テニスゲームが出来たら間違いなく使われるタイプですよね?パワーとサーブが少なめでスピードの値が異様に高い、フルセットになると全ての値が1.5倍になる…的な。もちろんあわよくばGSでも勝って「記憶」にも残して欲しいですけどね!

posted by toshibou0509m
コメント投稿者ID:toshibou0509m
2016/08/29 11:02
コメント支持(8)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

錦織選手には植物由来のシリカをたくさん取って、体を強くして頂きたいと思います。
シリカは、腱、軟骨、骨、髪の毛、爪、歯を強くします。ケガの回復も早くなりますので
ぜひお試し下さい。

posted by ryoppew
コメント投稿者ID:TCE00074132
2016/08/29 12:45
コメント支持(1)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

お詫び

皆様方より、多くのご批判を頂戴致しました。
軽率なタイトルを使用したことにつきまして、不快な想いを感じさせてしまったことにつきまして、お詫びを申しあげます。
また、記事に対して支持を頂いた多くの方々におかれましても申し訳なく感じているところであります。
敬意がないとの、ご指摘を頂いています。真摯に受け止め、注意して参ります。

記事の内容につきましても、ご指摘頂いています。ミス、UEに偏り過ぎていると自身も感じるところがございました。皆様方のご意見に耳を傾けながら、異なった角度からも分析等を行い、記事にさせて頂きたいと思います。引き続き宜しくお願い致します。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2016/08/29 20:05
コメント支持(2)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

言い換えればこのスタイルを貫いてきたからこそ、今の地位を築けたと思うのですが…。

posted by くま
コメント投稿者ID:TCE00074139
2016/08/29 20:16
コメント支持(8)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

トップ5まで来るスタイルとしては正解なんでしょうが、トップ1になるためのスタイルとしては、まだ不十分だと言っている記事だと思います。

posted by mostovoi
コメント投稿者ID:mostovoi2
2016/08/29 23:31
コメント支持(4)

「錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016」へのコメント

今回の大作も、頑張りましたね!
当日に読んで、参考にさせて頂きました。

タイトルの付け方等の事で、お詫び、というコメントを書かれたのですね。
私も、このブログは大勢の人が見るのだから、こういう事には配慮が必要じゃないですか。そんなコメントを何度か頂いています。

確かに沢山の方に見ていただける場所なのですが、甘えているのかもしれませんが、ここはアマチュアファンが自分の考えていることを自由に発信できる所、スポーツ好き仲間同士の談義では、「○○行け~」や「なにやってんだ!」等と声が出ます。

それをここではやってはいけないのでしょうか。私は、気分的にはその乗りで、やっています。
タイトルの付け方などは、change-the-flowさんのカラーだと思っていました。どちらかというとそのカラーを大事にして欲しいなと思い、コメントさせていただきました。

今回のブログのアクセス数は凄かったですね。多分13~14万位はあったのではないですか!かなり多くの方が読まれています。
change the flowさんの名前を見て読む方、新着順に読む、又は触りを読んで面白そうなものを読む等、人それぞれ読むパターンがあると思いますが、タイトル名に興味を抱いて読んでくださる方も多いと思います。
色んなタイプのブロガーがいるからバラエティーにとんで面白いのかな、と思います。

もし、スタイルを変えられるのであれば、例えば錦織選手の頑張りに感嘆し、参った!もうこんな口調の文章は 止める。とか、ご自分から思われる時でいいのでは?等とお節介なことを思ったもので、、何万の愛読者の中のたった1名ですが、私は、全く気になりません。そんな方は沢山いるのではないですかね。

でも、考え方の相違について話し合ったり、その意図を聞いたりというのは、今後もお願いします。間違えも優しく指摘してください。

次のブログも楽しみにしています!
前回、結構キツイと仰っていましたが、お互いマイペースでやりましょう。

posted by ukk_chu_ren
コメント投稿者ID:ukk_chu_ren
2016/08/31 23:39
コメント支持(5)

錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016

ukk_chu_renさん

励ましのコメントを頂き、ありがとうございます。
ご批判を受けている通り敬意を逸していることは改めるべきことです。その点は素直に受け入れます。ukk_chu_renさんもその点について否定されている訳ではないことは分かります。その先、それにより記事に向かう姿勢、スタイルを変えることに懸念されていることだと思います。正直なところ、私はスタイルを変えても何ら問題ないと考えています。大切なことは底辺にある熱い想いにあると思います。仮にスタイルを変えても、そのスタイルの中で徹すればよいと思います。重要なことは枠ではなくて中身にあると思います。しかし、私はそんなに器用ではありませんので変わらないと思います。ご心配をお掛けして申し訳ありません。引き続き宜しくお願いします。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2016/09/04 21:26
コメント支持(2)

よく読まれている記事
トラックバック