change-the-flow

フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について

「錦織には初制覇を目指して欲しいと思っていましたが、やめました。この一戦キャリアを掛けて全力を尽くして欲しいと思います。」全米オープンQF試合前に記した内容です。マレー戦には全てを出し切らないと勝てないと思いました。頂点を目指すのであればピーキングはそこではないはずです。しかし負けるわけにはいかない一戦でありました。その時、直感的に初制覇よりも重要な課題があるのではないかと思い止まった、それによりその先に勝ち上がることは出来ない可能性は大きくなるが、覚悟のうえの一戦、全てを出し切る、それでよし、何かがそこにあるのではないかと思ったのでした。結果としてSFで敗退することになるのです。 今シーズンビッグ4との対戦は11回、2勝9敗です。9連敗の後2連勝です。2015年シーズンは6戦し1勝5敗です。これは主要大会を中心に勝ち上がった結果であり錦織の活躍を意味しています。それはポイント獲得においても如実に表しています。 2015年シーズンのポイントは4,235ポイント、内訳はGS:775ポイント、MS:1,350ポイント、その他:2,110ポイントです。ところが2016年シーズンのポイントは4,315ポイントと既に2015年シーズンを越えており、その内訳はGS:1,440ポイント、MS:2190、その他:685ポイントと84%をGS・MSでポイントを獲得したことになります。 ここで改めてビッグ4との年度毎の成績を見てみます。勝敗に対戦相手ビッグ4の頭文字を記載しています。 2008年:   0ー1 N 2009年:   0ー0 2010年:   0ー2 DN 2011年:D   1ー3 MNF 2012年:   0ー2 MN 2013年:F   1ー2 MN 2014年:DMF 3ー6 DDNNFF 2015年:N   1ー5 DDMMF 2016年:MN  2ー9 DDDDDMMNN

6ページ中1ページ目を表示

  • posted by jigyakuteki
  • 2016/09/24 11:00

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について

データをもとにしたコメントが興味深かったです。
マレーとのQFを勝ちきったこと自体凄いことなんですが、2014SF勝利との違いが錦織選手のゲームの組み立て方にあった感じています。打てば入るといったテニスではなく、しっかりと狙いと意思のある彼本来のコートに描くテニスをしようとしていたのではないかと思いました。一つ一つのショットに意味を持たせ、最後はどのように決めるかをイメージしながら試合を進めていたように感じました。GS制覇するために、あえて全米を捨てるなどという発想は、思いもよりませんでした。でも、私も筆者と同じように彼のGS制覇までの歩みを観たいと思っています。

posted by ヒデキリ
コメント投稿者ID:TCE00072471
2016/09/24 18:02
コメント支持(2)

フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について

ヒデキリさん

コメントありがとうございます。
初戦から簡単でない試合の連続でした。フィジカル的と共にメンタル的なスタミナを浪費したイメージでした。GS制覇するためには7戦戦い抜かなければならず、客観的にみると勝ち上がれる状況になかったのではとも感じていました。今シーズンGS・MSの優勝者は第1シード、第2シードで8回、第3シード、第5シード、第12シードが1回づつです。主要大会を取るには、まず第4シード以上を取って初めて権利を得られる位に考えてよいのではないでしょうか。実力があるので優勝できるのであり、実力があるものがシードを取得できるのです。いきなり、頂天を狙うなぞ虫のいい話かもしれません。まずは、そこまで這い上がることでしょう。2014年全米SFですね、ひょっとしたら回帰していたかもしれませんね。一戦一戦得るものがあるよに思えました。全米を犠牲にするなどというのは美化した表現です。制覇して欲しかったというところが本心です。追求し続ける錦織を応援し続けましょう。一緒に。

posted by jigyakuteki
コメント投稿者ID:jigyakuteki
2016/09/25 17:10
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック